ライン配信まとめ!! 6/15~6/19

今週はどうでしたか?

ライン配信の結果をまとめてみました。

(ラインやゾーンに対して、
◎:60pips順行、○:30pips程度、△:ライン違い、×:動きなし)

6月15日 EUR/USD:×、USD/JPY:×
6月16日 EUR/USD:△、USD/CAD:◎
6月17日 EUR/USD:◎、USD/JPY:◎
6月18日 USD/JPY:×
6月19日 USD/JPY:◎、USD/CAD:○

注目の1週間を振り返りましょう!!

=========================

ライン配信復習

6月15日 EUR/USD、USD/JPY

配信時画像

WP03966

WP03967

配信時コメント

ユーロが難しい動き。
GAPブレイク後、金曜日高値1.12962とGAP上限1.1265
でN字波パターンで上昇なのか?
GAPまたは金曜日高値で一旦失速なのか?
金曜日の安値がこれといったサポートもなく上昇したことから一旦
再度安値を試しにいく可能性も十分にあるが、下がれば下がったで
様子見。

基本は金曜日高値ブレイクを狙っていきたい。

ドル円も日足20MA移動平均線とGAP切りブレイクの可能性
を監視していきたい。

その後

ユーロは、動きなし。

6/16に続く。

06115USD

ドル円は、動きなし。

20MAを切るような動きも、GAPに対しても動きなし。

06115USD1

1Hに拡大してみても、GAPを割る動きはありませんでした。

 

6月16日 EUR/USD、USD/CAD

配信時画像

WP03969

WP03968

配信時コメント

ユーロの金曜日高値1.12962ブレイクを狙っていきたい。

カナダは綺麗なペナント形成中。
ペナントブレイク待ち。
上方向へのブレイクだった場合は様子見。

その後

0616EUR

ユーロは、金曜日の高値をブレイクしましたが、
ヒゲで戻って来てしまいました。

0616EUR1

1Hで見ると、ココになります。

次の赤色レジスタンスラインを越えられずに失速。

WP03973

15分で見ると、この位置ですが、残念でした。

0616CAD

カナダは、ペナントを下方向へブレイクしました。

0616CAD2

4Hで見ると、Wトップのネックラインを割り、
安値を付けた赤丸のところが日足のペナントの下値。

ここから戻しがありましたが、ネックラインには届かず、
4Hのレジスタンスゾーンで止まり、大きく下落しました。

0616CAD1

少し拡大すると、ここはBOX圏になり、大きく下落しました。

この大きな下落は、FOMCです。

0616CAD3

FOMCでエントリーできなかったとしても、
次の日のBOX圏ブレイクは分かりやすかったです。

 

6月17日 EUR/USD、USD/JPY

配信時画像

WP03982

WP03981

WP03983

配信時コメント

ユーロが日足でペナント形成中。
今晩のFOMCまでは油断出来ない状況だが
FOMCで下振れすれば下値を拾っていく予定。

基本的にはロング狙いなので下振れ後、Cのレジ突破して、Bに届くのか?
B突破成功すればA付近には届くだろうと見てはいる。

ドル円も大きな候補としてはA~Cコースが妥当だろう。

以外と優等生はポンドかもしれない。

話をまとめると、ユーロ、ポンドは下振れからロング狙い。
ドル円は上振れからショート狙い。
自分の目線が間違っていればロスカット。
たったそれだけのことである。

その後

0617EUR

ユーロは、日足のペナントを綺麗にブレイクしました。

0617EUR1

4Hでは、Aには届かなかったものの、BとCはブレイクしました。

0617EUR2

1Hでは、FOMCで下ヒゲになりましたが、
Wボトムから大きく上昇しました。

WP03991

しっかりレジスタンス&サポートラインが分かっていれば、
FOMC直後、こーんなところからエントリーできちゃいます!!

0617USD

ドル円は、綺麗なCパターンになりました。

0617USD1

15分でレジスタンスゾーンのところの反応を見てみると、
BOX圏を作り、一旦上に抜けましたが、
しっかり事前にシナリオが立てられていれば、
様子見して、ヒゲで戻ってきたところからエントリーできますね。

こちらもFOMCなので、寝ていた方のほうが多かったかな?

 

6月18日 USD/JPY

配信時画像

WP03985

配信時コメント

ドル円はFOMCで上のレジトライ失敗後急落。
今度は日足サポートトライの流れ。
今度は日足サポートブレイクを監視。

その後

0618USD

Wボトムになり、下落できませんでした。

0618USD1

4Hでも先週の安値でしっかりサポートされました。

 

6月19日 USD/JPY、USD/CAD

配信時画像

WP03994

WP03995

配信時コメント

ドル円はFOMCで上のレジトライ失敗後急落したが
日足サポートは割らないようで中々しぶといドル円君。

すぐ上のレジスタンスゾーンで止まらなければ、もう一段
上のレジまで距離があるのでそこまでは戻ってほしくは
ないので、出来ればAコースが希望。
希望を言っても仕方がないが。

カナダも下のサポートで反応したようでV字上昇。
Aライン付近のレジでWトップになれば下降していく
だろうが、Aライン付近を突破されてしまうと上の
レジまで到達してまうかも?
NY時間の動き方を監視。

その後

0619USD4

ドル円は、Aパターンのレジスタンスゾーンにも届かず、
この黒色のラインで抑えられ下落しました。

詳しく見てみましょう。

0619USD1

1Hにすると、この黒色のライン上で、Wトップになり下落。

0619USD2

15分にしても、Wトップからの下落でした。

なぜここはWトップの右側からエントリーできるか?

黒色のラインの正体は分かりますか?

実は月曜日に引いているんです。

もう一度、4Hで背景を説からしておきますね。

0619USD3

金色の週足のレジスタンスラインから下落し、
戻しが4Hのレジスタンスゾーンで止められ再度下落。

その後、戻しが黒色のラインで止められたので売りエントリーです。

月曜日に引いたGAP(今週の始値)が黒色のラインの正体でした。

0619CAD

カナダは、Bパターンになりました。

4Hの50MAまで戻しがありました。

詳しく見てみましょう。

0619CAD1

このラインは意識されず、上昇しました。

戻しが深いですね。

今週は以上です。

私、FXBがトレードをする上で注目している「ライン」を無料で配信中


もし、「魑魅魍魎の相場の世界で勝ち続けるために一番大事なものは何か?」と聞かれれば、私は迷わず

「一番大事なのはレジスタンス・サポートライン」と答えます。

もちろん、他にも勝ち続けるために見るべき、分析すべきものはあります。

しかし、どんな時も、いつでも、何を差し置いても重視しているのは「レシスタンス、サポートライン」なのです。

でも、多くの人は「レジスタンス、サポートライン」をとりあえず意識されるかもしれないから引く適当なラインだと思うかもしれませんが、私がいうラインはそんな軽々しいものではありません。

意識される可能性が高い根拠のあるラインなのです。

このラインによって、含み損もほとんど抱える事無く、10PIP以下の小さなストップ幅でありながら、60PIP以上のリターンを得るトレードができるのです。

多くの人は、含み益を出ると、減るのが怖いから早く利確したがりますが、ラインに自信があるからこそ、含み益が出るとワクワクしながら保有し続けて利を伸ばす事が出来るのです。

ですから、私はラインを引く事に命を懸けてます。

これは、大げさでも誇張でもなく、このライン一本でトレーダーとしての稼ぎを一番大きく左右するのですから、当然です。

そのリアルタイムで引いているラインを平日は毎日、土日は、そのラインがどうなったのか?の私のラインを「タダ」で配信しています。

つまり、私の引いているラインを無料で見る事が出来ます。

でも、タダだからと侮っちゃいけませんよ(笑)

このライン配信を参考にしてちゃっかり稼いでいる人から、いきなりお礼のメールが来たりするほど。

もし、このブログを読んでくれているあなたが、今現在、思うような結果が出ずに悶々としているならば、確認をしてみてください。

本物の勝ちトレードを知るキッカケになりますので。

興味があれば、今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し、登録を完了させてください。


linehaisin





« | ホーム | »

このページの先頭へ