稼ぐために見送る基準とは?

2016-11-15

wp06059

+30pip

前日からのオーバーナイトはTK時間決済。

wp06057

ドル円はレジスタンス対して明確な反転パターンが出た
わけではないので、トレード無しでした。

wp06058

-10pip 今月トータル +240pip

wp06060

Wトップネック切りショートだったが、入るタイミングとしは
遅かったのでやはりロスカットになったケースでした。

 

読者からの です。

SKさん

いつもお世話になっております。 

SKです。

少しずつですが、資産が増えてきました。

現在は価格の中央帯にいる通貨が多く、
どっちに転ぶか難しい展開だと思われます。

しかしながら、移動平均線上抜き状態になった通貨も多く、
上昇が見込めると考えています。(特に円・フラン通貨絡み)

そして、思ったことがあります。 

FXってほんと、釣りに似てるな~・・・と。

むやみやたらに餌ばら撒いて釣り糸を何度も入れたりしてると、
魚は餌だけ食べて逃げていきます。

天候が荒れてる日などに釣りをやっても、
大物は釣れるかもしれませんが
体調を崩したり命を落とすこともあり得ます。

なので、じーっと魚が来るポイントまで待って
(待つ時間は数時間~数日・数週間)
ここぞという時に釣り糸を垂らす。

そして、魚が引いたら
ゆっくりゆっくり損切を移動平均線に合わせてリールを巻き、
ポイントで一気に釣る。

ほんと、そんな感じだと思います。

ただ、そのやり方が人それぞれあって、
それを自分の釣りに合わせるのが非常に難しい・・・。
(特に釣りのやめ時)

価格が見えるようになっても、欲が出て待てないと負ける・・・。
餌を一気にばら撒くと負ける。 

などなど・・・

でも、利を焦らず、要領さえ分かってしまえば、
あとはどうとでもなる感じはします。

勿論、慢心すると一気にカジキやサメに身体ごと持っていかれますので、
訓練と勉強が少なからず必要になり続ける。。。

そういうことなのですね。

まだまだ、私も勉強不足(&ついサボってしまうことも)を痛感していますので、
しっかりと今後も勉強できたらと思います。

これからも、頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

よく気づきましたね。

トレードって狩猟に似ているところがあります。

獲物が来るまでひたすら待ち続け、
ここというときに仕留める。

いつ来るかは分からないけど、待てば必ずチャンスは来ます。

そしてチャンスを逃しても、必ず次のチャンスもあります。

自分が釣りに行っている感覚でトレードすれば、
意外と無駄トレードが減るかもしれませんね。

分かり易いたとえ話ありがとうございました。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ