FXB流の教科書的なトレード。

ドル円Wボトムネック切りエントリー位置記載チャート

-10pip    今月トータル +270pip

TK時間から直接レジトライではなく、一旦サポートからの反発
ロング狙いの流れだと思いロング。

サポート真上の5pip以内からのロングも考えたがやはりリスク
が高いと思いWボトムネック切りからロング。

しかし、ロスカット。

読みが甘かった。

 

読者からの です。

PONさん

FXB様

こんばんわ。

今日は結構暑かったですね。

28℃位です。

夏場を思えば、まだまだ序の口ですね。

昨日のトレード報告です。

気になる通貨はドルスイス、ドルスト系
ユーロオージーなんか・・・と言った所でした。

結局ポンドが短期足的にも綺麗でしたので↓IN。

ポンドドル
19:31 1.29201(S)
20:42 1.28586   +61.5P

言わずもがなですが、ご承知の通り
Wトップの右肩付近W-TOP、
又はBoxのBKのBLでG2という
TM的には鉄板で綺麗ではないでしょうか。

勿論R/Sも効いていますしね。

FXB流の教科書的なトレードではないでしょうか
(自分で言うのもなんだけど・・)

もし躊躇した方がいるとすれば
それは何故?指標?

本当に良い形は指標をも凌駕する、ではないでしょうか?

と、あんまり言って連敗するとカッコ悪いので程々にします(笑)

お疲れ様でした。

ナイストレード!

PONさん、連日のトレード報告ありがとうございました。

GBPUSDはこれでもか、と言うくらい綺麗なチャートでしたよね。

指標時のトレードですが、初心者の人は慣れるまで様子見が無難です。

でも実は、テクニカル分析だけで攻略することができます。

指標結果などファンダメンタル要素は考える必要はありません。

特に今回のパターンはFXB流の鉄板パターンですので、
読者の人はこの機会に覚えておいて下さいね。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ