勝ち続けるために必要な答えとは?

青丸付近からN字波ロングのチャンスを伺っていたが
チャンスが見当たらなかったのでトレード見送りでした。

 

読者からの です。

KUさん

FXB先生

いつもお世話になります。

KUです。

12月5日ブログで、トレード報告を掲載していただき、
また、貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。

以前からすると、かなり減りましたが、
勝っても負けてもすぐにエントリーしたくなるのは、
ポジポジ病が完治していないからです。

無駄なエントリーを極力減らしたいと思います。

また、SLの置き方も大変参考になりました。

ただ単に、10p、15pとすることが多かったので・・・。

よく考えると、そのためのレジサポですね。

さて、トレード報告です。

12月7日

AUDUSD  ロング  

12月6日の注目通貨だったので、引き続き注視していました。

指標発表後の反発を狙い、TK高値ブレイク後にエントリー
 
レジサポライン0.749を超えなったので翌朝決済 48P

NZDUSD  ロング

TK時間後に入れればよかったのですが、
タイミングが悪く、エントリーできず。

夜中20MAのG2後にエントリー
 
翌朝前日高値ブレイクで増玉しました。

4時間足、1時間足がよさそうなので、
まだ、決済はしていません。

11月11日以来の高値になりました。

前日エントリー分は、SLを+30Pに引き上げて様子見です。

注目通貨のライン配信、本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

ナイストレード!

これまでのトレードと比較すると、
かなり厳選されたトレードで素晴らしいと思います。

チャンスを逃した後でも次のチャンスまで待てていることが
勝因になっていますね。

AUDUSDは、レンジだったので難しい場面でしたが、
直近では安値が切り上げている中での、
Wボトムネックブレイクで上手くエントリーできたと思います。

NZDUSDは、4時間以下ではアップトレンドだったので、
上昇しやすい場面でした。

15分でも見ても、綺麗なN字+G2だったと思いますし、
ブレイク後の増し玉したエントリー場所も良かったです。

いずれのエントリ-も、レジサポ基準で考えられている所が
非常に良いです。

マーケットで絶対的であるレジサポを基準にトレードすることが、
トレードで勝つための秘訣で、自分の根拠をしっかり持つことがKUさんが勝ち続ける一番の近道だと思います。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ