こんにちは、FXBです。

FXで稼いでいくためには、今は勝てるタイミングだと判断するための根拠をたくさん持っておく必要があります。そのたくさんの根拠の1つとして、二種類のラインというものがあります。

それがサポートライン、レジスタンスラインと呼ばれているものです。FXではこの二種類のラインをまとめてレジサポ、またはレジサポラインと呼びます。

FXを始めたばかりのときは、今が勝てるタイミングだと判断するための根拠を、あまり多く持っていないのは当たり前です。

この二種類のラインの使い方を覚えることで、今が勝てるタイミングだという根拠を持つことができるようになります。

レジサポを理解し、上手く使えるようになること、今が勝てるタイミングだという根拠を持つことはとても大事です。

FXで稼いでいきたい人ほど、早いうちにレジサポラインを上手に使いこなせるようになっておきましょう。何故なら、レジサポラインはFXで稼いでいく以上は、ずっと使うものだからです。

ぜひ、この記事でレジサポラインを使いこなせるようになってください。

レジサポラインとはなにか

レジサポラインとはFXのチャートに書く、真っ直ぐな線のことです。そして、レジサポラインを使うことを「ラインを引く」と言います。レジサポラインを引くのは、チャートから読み取る情報を分かりやすくするのが目的です。

次のようなチャートがあったとします。

GMOクリック証券のチャート画像
(画像はGMOクリック証券のチャートを利用しています)

ここから読み取れるものは多いですが、まずどこをどう見たら良いのかわかりにくいですよね。

なので、まずは線を一本引いてみます。線は好きなところに引くのではなくて、ローソク足のヒゲや実体の先端に引くようにしてみましょう。

そのとき、出来れば一本のローソク足ではなく、多くのローソク足の先端に線が重なるようにしていきます。

次の画像では、なるべく多くのローソク足の先端に線が重なるようにしてあります。

GMOクリック証券のチャート
(画像はGMOクリック証券のチャートを利用しています)

画像の真ん中あたりに横線を引きました。この線に沿ってローソク足が途切れているのが分かりますね。

GMOクリック証券のチャート、参考画像(画像はGMOクリック証券のチャートを利用しています)

特に白く表示した部分で、ローソク足が途切れているのが見てとれます。

線を引く事で読み取れるのは、この線には価格の上昇や下落を止める何かがあるということです。チャートは一見ランダムに動いているように見えます。ですが、実際は分析することが出来ます。そのために必要なのが、レジサポラインです。

チャートでは次の画像のような状態があらわれることがあります。

レジスタンスライン

黒い線が価格が上下していることを表しています。そして赤いラインまで価格が上がると、価格は逆に下がっていきます。この赤いラインのことを、レジスタンスライン(抵抗線)と呼びます。

赤いラインに触れると、価格が下がっていくことが何度も続くことから「価格の上昇に抵抗している何かがある」ことを読み取ることが出来ます。

価格の上昇に抵抗しているのは、損切かもしれませんし、利確かもしれません。ここで大事なのは、FXに参加している多くの人が同じ価格帯を意識しているということです。

そして、次の画像のように価格の上昇が抵抗を突破すると、レジスタンスラインは価格の上昇を支持するサポートライン(支持線)というものに変わることがあります。

サポートライン

価格の上昇に抵抗するのがレジスタンスラインであったように、価格の下落に抵抗するのがサポートラインです。

■つまりレジサポラインとは?

  • チャート上で価格の上昇・下落が跳ね返る地点
  • 価格が上昇中に同じ場所で下落するところがレジスタンスライン(抵抗線)
  • 価格が下落中に同じ場所で上昇するところがサポートライン(支持線)

どっちがどっちか分からなくなったときは「上昇中に抵抗されるのがレジスタンスライン、上昇を支持してくれるのがサポートライン」と思い出しましょう。

FXで稼いでいくためには、あなた以外の多くのFX参加者が何を考えてトレードしているかを読み取る力が必要です。多くの人が何を考えているのかを知るための一つの道具として、レジサポラインは使われています。

では続いて、実際にどのようにラインを引いていくのかを解説していきます。

価格の上昇・下落が跳ね返るところを探す

チャートを見ていると、同じ価格帯で上昇・下落が止まることがあります。価格の動きはその場所から折り返して、上昇中なら下降へ向かい、下降中なら上昇へ向かいます。

価格がいつも跳ね返る場所にサポートラインを引いてみました。実際のチャートを見てみましょう。

レジサポラインを引いてみる

(ラインが見やすいように、チャートの色を灰色に変更してあります。)

赤い線にぶつかると、価格がそれ以上下がらなくなっているように見えますよね。ここから読み取れるのは、赤い線以下の価格にはなりにくいということです。

次の画像の位置では、価格の上昇を支持しているサポートラインが効果を発揮している箇所をハイライト表示しました。

レジサポラインを引いてみる参考画像

価格が下落していく中で、赤い線で引いたサポートラインに触れています。サポートラインに触れると価格の下落が止まっているのが分かります。

つまり、価格が下落中にサポートラインに触れたら下落は一旦止まる可能性が高いです。そして、価格はサポートラインよりも上がると予想したときは「買い」をすれば勝てる可能性があるということです。

画像では下落中に価格が跳ね返るラインが見つかったので、サポートラインでした。価格が上昇中、同じように価格が跳ね返るラインがあればレジスタンスラインになります。

レジスタンスラインの場合は、ラインに触れた時に「売り」をすれば勝てる可能性があります。

ここまでレジサポラインの効果をお伝えしました。ですが、そもそもなぜレジサポラインが生まれるのかを知っておくと、更にレジサポラインを活用して稼ぐことが出来るようになります。

さっそくレジサポラインが生まれる理由を解説していきます。

レジサポラインは投資家の意識が集まっている

レジサポラインは多くの多くのが同じ価格帯を注目することで発生します。そして、ラインを引いた価格には、買いや売りが集中することなっていきます。

たとえば、過去数年間、1ドルが100円ほどで取引され続けていたとします。すると、多くの人が1ドルは100円と交換できると考えるようになります。

そのとき、現在の価格と1ドルは100円で取引され続けていたことから、投資家たちは次のようなことを考えます。

現在の価格が1ドル=90円のとき

1.今トレードをしていない人

「今は安いから買いでエントリーしよう」

2.90円で買いをしている人

「100円になったら決済しよう」

 

現在価格が1ドル=110円のとき

1.今トレードをしていない人

「今は高いから売りでエントリーしよう」

2.110円で売りをしている人

「100円になったら決済しよう」

 

どちらも1ドルが100円になるまで、売りや買いが続けられます。そして、1ドルが100円になると、予約された注文によって決済を行うため価格は跳ね返ります。そのときに、サポートラインやレジスタンスラインが形成されます。

トレーダーの注文が集まっている状態

1ドルの90円のタイミングでエントリーした人は、100円で利確をしようと考え、決済の予約注文を行います。

多くの人が同じことを考えている場合、100円付近には決済の予約注文が集中します。結果として、レジスタンスラインが形成されるということです。

しかし、レジサポどちらのラインも常に効果を発揮するわけではありません。場合によっては、レジサポラインを突き抜け、一気に価格が変動することがあります。価格がラインを突き抜けて大きく動くことをブレイクと言います。

ブレイクが起こったチャート

レジサポが作用しなくなってしまう理由はいくつもの原因が重なっています。ここではその一つとして、レジサポに関係した原因を解説します。

■レジサポから見るブレイクの理由

レジサポのラインを抜けた先には、多くの注文が入っていることがあります。注文はレジサポラインから小さく価格が動いた場所にあるものから、大きく価格が動いた場所まで段階的に存在しています。

その注文まで価格が上昇すると、注文が実行され、さらに価格が動きます。その後、多くの注文を巻き込んで、価格は連鎖的に上昇していきます。

たとえば、レジスタンスラインを超えた位置に、買い注文が入っているケースを考えてみましょう。

▼ブレイクの流れ

現在の価格1ドル=90円

レジスタンスラインの価格=100円

買い注文①
レジスタンスラインの上=105円

買い注文②
注文①の上=110円

買い注文③
注文②の上=115円

買い注文④
注文③の上=120円

 

ブレイクの流れ解説

注文①に価格が到達して「買い」が入ると価格はさらに上昇します。そして注文②の価格まで到達します。そして同様に、注文③注文④へ到達していきます。爆発的な連鎖が起こることで、価格が一気に急上昇しました。

このブレイクはさまざまな原因が重なると起こります。しかし、レジサポラインを引けないことには、どこに注文が集まっているかが分かりません。

まずはレジサポラインを引けるようになりましょう。

自分なりのレジサポラインの引き方を見つける

レジサポラインの引き方に確実な正解はありません。それは、人によって重要視するポイントが違うからです。ですので、何を重要視するかによって、引くラインの数も位置も変わってくるわけです。

今回は自分なりにラインを引く練習をしていきます。前述の通り正解はありませんので、引いては観察することを繰り返すのが王道です。

まずはチャートを開いてください。使っているFX会社のサイトによって、使い方などは変わります。それぞれ自分の使っているサイトでの使い方に置き換えて聞いてください。

私のオススメするGMOクリック証券では、次の画像の位置のボタンでラインを引けます。まだFX会社に登録していない方はGMOクリック証券のデモトレードで始めましょう。デモトレードの始め方は「」にて解説しています。

自分なりにラインを引いてみる

ボタンを押すと無限に横に伸びるラインが出てきます。ラインを引きたい位置にマウスを併せて、クリックするとラインを引くことができます。今回は次の画像の位置に引いてみました。

自分なりにラインを引いてみる方法

画像左側でレジスタンスラインとして機能していたものが、途中でサポートラインへ変化して、画面中央がブレイクが起こっているのが分かります。

このラインをブレイク前に重要視していたら、ブレイクで大きな利益を得られたでしょう。ラインを引く事の価値が分かってもらえたと思います。

ラインを引く時に考えるべきこと

ルールを作って徹底してみることに焦点を当てましょう。最初から上手くラインが引ける人はほとんどいません。それぞれ自分で決めたルールで繰り返し検証を行うことで、必要なラインが引けるようになっていきます。

例えばこのようなルールです。

  • ラインを引くときのルール1.ヒゲの先端にのみ合わせる
  • ラインを引くときのルール2.もしくは実体の先端のみに合わせる
  • ラインを引くときのルール3.複数の先端が重なっている場所だけ引く

繰り返しになりますが、正解はありません。他の人が引いたラインを、あなたが見たときに意味が分からないことだってあるのです。

FXで勝っていくには、自分の中で自信を持てる、根拠のあるラインを引けるように練習することが大切です。

まとめ

レジサポはFXで稼いでいく上でとても大切な考え方の一つです。価格の上昇へ抵抗するレジスタンスライン、価格の上昇を支持するサポートライン。この二つを多くのFX参加者が意識しています。

何度も同じ価格で上昇や下落が止まるのであれば、そこには必ず多くのFX参加者にとって重要な何かがあります。重要な何かが、適正価格についてなのか、個人的な利益や損失についてなのか、大手のFXトレーダーなのかは分かりません。

大事なのは、重要な何かがあってラインが生成されたということです。ラインが生成された以上は、ブレイクする可能性があります。大きな利益を得るチャンスが生まれたということです。

このブレイクに乗り、利益を上げるためには、きちんとラインを見つけ出さなくてはいけません。ラインを見付けられない人にとっては、価格が急変したように見えるはずです。

しかし、ラインを引く練習をきちんと積んでいれば、ブレイクを事前に予想する事ができます。今日から、デモトレードで十分ですので、チャート上にラインを引き、その後どうなったかを見てみましょう。

練習を繰り返していけば、あなただけの稼げるラインがきっと見えてきます。地道な練習と検証にこそ、FXで勝つための要です。しっかりラインを引く練習に取り組んでいきましょう。