ドル円ショートはブレイクショートが良かったと思いますが
夜中だったのでトレード見送りでした。

 

読者からの です。

MMさん

FXB先生

今回のメール中に「一つの条件」として,
「なぜ勝てるのか,を全て自分の経験による言葉で、
他人にツッコまれても完璧に説明出来る事」と記載されていました。

私は,これまで長い間,株取引を行い,
昨年8月からFXを始めた新参者ですが,
自分なりに確信している考えがあります。

その考え方が先生の仰られている「一つの条件」足り得るかについて
ご指導お願いいたします。

◆私が確信している考え方

『トレードは,売り・買いのいずれかしかなく,
単純にどちらになるかは確率50%である。

このため,ダウ理論・WT・WB等の優位性に基づき,
自分の思う方向に動く確率を50%より少しでも上げていくとともに,
エントリーポイントを損切りが小さく・利確が大きくなるポイント
(理屈が成り立つポイント)に絞れば,理論上,勝つしかない。』

先生がメール文で書かれた
「他人にツッコまれても完璧に説明出来る事」というものは,
上記したような考え方では不足なのでしょうか?

ご教示よろしくお願いいたします。

 

トレードには売り・買いしかありませんが、
確率は50%にならないです。

もし本当に50%だとしたら、負けている人と勝っている人は
半分ずつになりますよね。

実際は80%以上の人が負けています。

それほど相場の世界は厳しいということですね。

そんな世界で生き残っていくため大切なのは、
勝つ確率が高い場面を自分で見極められるかどうかです。

相場に100%はありませんので、
いくら優位性が高くても負けることだってあります。

理論上は100%かもしれませんが、そんなことはあり得ませんので、
負けを受け入れながらもトータルで勝っていくことが
大切だと思います。