ドル円113.39ラインでのプライスアクション。 | FXブレイク

ドル円113.39ラインでのプライスアクション。

経済指標

ドル円チャート

やはり、昼間に流したライン配信動画で言っていたように、注目ラインにたいして騙しブレイク後深めのプルバックは入ったので赤丸付近でショートチャンスを伺ってはいたが、ほぼA字下降のパターンだったので見送りでした。

ドル円解説図

ただし、注目していたラインだけあって、15分でWボトム(オレンジ)のネックとなり、その後はN字(青)のパターンを作り綺麗なプライスアクションがおこっていました。

このような現象を113.39ラインに対してプライスアクションが起こったと言います。

プライスアクション解説用チャート

 

読者からの です。

新潟Tさん

お世話になります。新潟のTです。

昨日のメールに対しての返答ありがとうございました。

前々から確かに焦りすぎのトレードとは言われてきましたし、自分でもそれを気を付けながらやっていたつもりですがそれが自分の性分ということなのかもしれません。

先日のドル円トレードでは今思うと以前から長期でのレジサポに対する、ブレイクしたのか反転したのかという判断がいまいち足りていない気がしました。

というのも、1H足では実体ブレイクしたから上に行く形になれば再度大事なレジスタンスを抜いていくのではないかという判断からドル円ロングしました。

ユロドルとの違いははっきりとした違いはその重要なレジサポに対して反応していたかという部分だと分析しました。

ユロドルのブレイクではブレイク後レジサポに対して反応し、下げていく形ができた。
ドル円では一旦は1H足でブレイク後そのレジサポに対してではなく、トレンドやMAに対しての反応でのエントリーという違いがありました。

そのことから先生の言うまだブレイクしていないという状況だったということで大丈夫でしょうか?

 

それと11月8日のトレードをしたので見てもらいたく添付させていただきます。

11月8日 ドルキャン(S) 1.2760-1.2730 +30P

4Hは下落トレンド。戻り高値を1.2781を上抜けたがひげのみ。
重要ゾーンと考えていた戻り高値のすぐ上のゾーンでの反応を監視。

1Hでは下落トレンドを崩したが4Hの重要ゾーンに対して2度反応するも下げてきて20MAを下抜きBOX圏を作っていた。

15Mでは1HのBOX下抜け後のN+G2でのショートエントリーです。
利確は4Hで駒足包み線を作ったライン1.2720です。

OCOをエグジットを入れてましたが、利確目標に0.5PIPほど足らずに利確されなかったので、成り行き利確となりました。

長期の流れとは逆のエントリーですが、レジサポを意識して行ったエントリーです。

やっぱり先生なら1H戻り高値を抜いた時点でエントリーはやめといたほうがいいとか言われるかと怒られそうですが、長期をしっかり見つつ4Hでの下落トレンドと重要ゾーンに対しての反応、利確のポイントをしっかり分析したエントリーだと思ってエントリーしました。

晴れ渡るような心境でできたわけではないので、自分の中では55点くらいです。
100点目指して頑張ります!!

Tさんのチャート

ナイストレード!

Tさん、こんにちは。

今回のトレードですが、やればできるじゃ~ないですか~

前回の我流トレードはいったい何だったのですか。

今回は綺麗なFXB流トレードだと思います。(高評価)

きっと、あれから猛反省したお陰ではないでしょうか。

今回のトレードぐらい真剣に分析して欲を捨てて無心の心境でトレードすれば素晴らしいトレードができるじゃ~ないですか~

だいたい、一般人の思考というのは不思議なものでトレード技術があるのに金やそれ以外の欲望などに目がくらむと正常な判断が出来ないようです。

真上に114.4レジスタンスが有るのにその下からロングなんていう危ないトレードは正常な判断であればしないはずですが、なぜしてしまったのでしょう。

ドル円チャート

ユーロドルとドル円の違いは明確なレサポの存在の違いということでOKです。

 

Kさん

 

11/7のブログ中の新潟のTさんのドル円のトレードですが、私も多分ロングエントリーしており、腹筋100回やりました。日頃やらないので100回はつらかったです。

さて、ロングしない根拠を読んだのですが、なかなか理解できません。

よろしければ、ご教示願います。

私の所見ですが、Tさんとほぼ同じで、レジ114.4円の根拠が私にはわからないので、週足のレジ114.494円(bid)をレジと考えていました。

日足はブレイクが確定していない状況ですが、4時間足、1時間足ともブレイクが確
定しているので、押目が狙えると判断しました。

その後15分足でWB形成、5分足では戻り高値BK後15分足のWBネックでN字
となったので、エントリーしてもよいと判断しました。

押目狙いとは、こんなふうに考えればいいと理解していたのですが、

① 週足のレジは、4時間足や1時間足でブレイクしてもブレイクしたとは見なさ
ないのでしょうか。

日足でもダメなのでしょうか。

② 今回のエントリーはレジを超えていませんが、15分足でレジを超えていれば
エントリーを考えてもいいのでしょうか。

お忙しいとは存じますが、回答いただけると幸いです。

ドル円チャート解説用

赤丸付近のレジスタンスが114.4前後だったので切りのよい114.4にしました。

解説用ドル円日足チャート

日足ベースで何度も跳ね返されてるレジスタンスなので日足で越えなければ信頼性は低いです。

15分でレジ越えOKな場合もありますが、ケースバイケースでその時の環境次第だと思います。

Tさんがロングエントリーした後のタイミングでは、レジ越えしてないのでなんとも言えません。

 

AOさん

11/9ユーロドルについて

11/9のユーロドル15分足のロンドンタイム前後の高値1.16150を20:15ごろ上にブレイクしたので、エントリーしたのですが、1.16436まで上昇したのち、反転して結局ロスカットしてしまいました。その後再度上昇するのですが、次のエントリーとしては、50MA割ってからの再度上昇から入るのか、先程のロンドンタイム前後の高値1.16150ブレイクで入るのか、反転した高値1.16436ブレイクまで待ってから入るのか、それとも見送る場面なのかアドバイスいただけたらと思います。

ちなみに今現在は、揉み合いでダブルトップを作ったところです。よろしくお願いします。

AOさんのユーロチャート

多分、矢印で入ってロスカットになったと思うのですが、タイミングの取り方としては間違ってないです。

タイミングは、これでいいのですが、この日のユーロは難しい状況だったので選択通貨として選ばない通貨でした。

ユーロ解説用チャート

最近のユーロは赤矢印のように一方的な下げ局面でした。

AOさんがロングで入ったのは赤丸付近です。

結果的にはピンクのサポート付近から青矢印のように上昇しましたが、AOさんが入った時点で果たしてこれほどの上昇が予測できたでしょうか?

私はNOです。 分からないです。

だから、そもそもこの日のユーロはトレード見送りが賢明だと思います。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ