サポートからの反発ロング狙いだったので最低でもサポート
到達するまで待っていたのでロングは出来なかったが、
修正波狙いのショートなら矢印からのショートが良かった
と思いました。

良かったと思ってもショートエントリーはしませんでした。

なぜかって?

ポジポジ病ではないからです。

ポジポジ病ではないからこそ自分の決めた方向にしか
入らないのです。

ポジポジ病の方は逆にその辺が出来ないからポジポジ病
ということを自覚してほしいと思います。

 

読者からの です。

GRさん

FXBさま。

GRです。

いつもメールを有り難うございます。

3/31の動画の中で「あまり自信がない」との発言がありました。

私も今週のUSDは遠目で見る程度で参加してましたが、
FXBさんのこのような気持ちの表明はとても役立ちます。

可能でしたらメールの中に「今日の自信度」とか有れば嬉しいです。

例えば五段階自信度で「今日は2」とか書いてあれば、
ロットを減らすとか、横目で見るだけとかに役立つかも?

私は今週はAUD/JPYに注目してました。

85.5の節目が強いと思い、
そこにS/Lをセットして売っています(下は83.7)。

かなり見やすい節目なので「自信度4」です(^^;

後講釈だらけのFXブログの中で、
未来のことを発信されてるのはFXBさんの所だけです。

それもこんなに長期にわたって。

いつも有り難うございます。

 

自信の割合を数字で示すのは難しいですが、
よく分らない場合は様子見という表現にしたいと思います。

自信があっても負ける場合もありますし、
自信がなくても勝ってしまう場合もあります。

大切なのは、トレード前に十分な準備をしておき、
トレード計画通りのときだけエントリーすることだと思います。