-10pip    今月トータル +110pip

比較的綺麗なG2だったのでショートで入ってみたが
ロスカット。

ちょっと難しかった相場でした。

読者からの です。

KDさん

FXB様、お世話になります。

いつもライン配信ありがとうございます。

3月3日(金)のトレードはAUDUSD,GBPUSDの2通貨、
欧州からの下落トレンドに沿ったレンジ割れを注目していました。

AUDUSDは前の日にレンジを割れて下げていたが
GBPUSDはレンジのままできたので18:30の英指標をきっかけに
ブレークするか注目していました。

その結果指標で大きくブレークはしたが
スプレッドが10Pipにも広がったのでエントリを見送り、
2次レンジ、レジサポ転換を狙うことにしました。

そしてその通り動いてきたのですが下ヒゲですぐ戻してしまい、
10pip損切りで終わりました。

後で気付いたのですが、
あまり大きな値動きを見せていなかったEURUSDが
欧州から上昇を初めていました。

NYスタートの21時には釣られるように
AUDUSD,GBPUSDも上昇してきました。

MAの流れは下向きだったので
上に
ブレークするのは対象にしていませんでした。

今後3通貨とも上昇して2次レンジ、
レジサポ転換の動きを見せるのであれば
上のブレークも考えなければなりませんが
何せドル円が3月利上げで方向不定ですから
難しい動きになりそうです。

方向がはっきりして分かりやすい状態になるまで
エントリは控えようと思います。

MT4のデモトレは
指標ブレークを捉えその後10pip戻りで決済、微益終了でした。

尚、EURUSDは上昇してネックラインに掛かったので
ノートトレード(空トレ)で逆張りを試しました。

小さいWトップで20pip程度の反落はありましたが、
やはり私には向かないなという感じでした。
(チャートを添付しています)

ナイストレード!

この日のポンドは難しい動きでしたね。

サポートが固く上昇してしまいましたが、
狙いは悪くなかったと思います。

何よりも、下向きの流れだったのでロングエントリーは控えた、
という点がとても素晴らしいですね。

事前にショートの計画を立てていたのに、
つい目の前の動きに翻弄されてロングエントリーをする人も多いです。

EURUSDは自分には向かないパターンとであれば、
こういった場面はノートレードで得意パターンだけに絞るといいですよ。