ユーロドル1.1803ラインブレイク成功だったがロスカット。 | FXブレイク

ユーロドル1.1803ラインブレイク成功だったがロスカット。

2017年9月29日経済指標

ユーロドル1.1803ラインからのブレイクエントリー解説図

-10pip

ライン配信の映像でも言っていた通り、1.1803ラインからブレイク成功。

一応、念の為にN字波まで待ってからロングだったがロスカット。

その後、やっぱり上昇。

方向とラインまでは合っていたが、ロスカットになったケースでした。

ロスカット位置が浅かった為にロスカットになったがそれもルールなので仕方ない。

今回はロスカットなったが逆に救われるケースもあるのでトレーダーは機械的に利確とロスカットを繰り返すだけ。

 

読者からの です。

Oさん

1年くらい前に先生のブログに出会い、日々勉強させて頂いてます。
おかげ様でようやくリアルトレードを始めました!
ですが、まだまだ不安なので宜しければトレード履歴を見て頂けますでしょうか?

早速なのですが9月28日にUSDJPYでのトレードです。

レジスタンスライン(112.9辺り)に届いたところで反転するか、そのままブレイクするかという場面だと判断しました。

1時間足では既に右肩下がりのダブルトップになりそうな状態でした。
15分足を見ると小さめのH&Sを形成し、下降し始めてたので、ネックラインを実体ブレイクしたところでショートエントリーしました。

その日は順調に下降していたのですが次の日の朝見てみたら、あと0.4PIPSで決済されてたところなのに反転してしまい、15分足の戻り高値もブレイクされてしまったので成行決済しました…

デモトレードの時の決済では15分足のパターンは全く無視していたのですが、気にした方がいいでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、宜しくお願いしますm(_ _)m

Oさん、エントリー位置記載チャート

ナイストレード!

いいところからショートしましたね~

15分で綺麗なH&Sのパターンを作りにいったところのショートだったので当然15分もきちんと見るべきです。

トレードする以上見なくても良いというタイムフレームは無いと思います。

だた、それぞれの比重がケースによって変化することは当然あります。

今回のように15分チャートパターンのお陰でトレード出来たじゃ~ないですか~


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ