11月度雇用統計 | FXブレイク

11月度雇用統計

2017年11月3日経済指標

ドル円チャート

ドル円はやはり、昼間に流した114.4ラインで反応したようでタッチ後下落。

もし、ショートで入るのであれば矢印付近が良かったと思うが、夜中だったので見送りでした。

カナダチャート

+60pip

逆指値注文だったが、けっこう滑って約定。

しかし、ライン配信通りのラインをブレイクしてWトップ完成だったので比較的理想通りのトレードでした。

 

読者からの です。

Dさん

こんばんは。FXB先生。

昨日は、全米雇用統計でしたが、どうもこの日は勝てないです。

面白いくらいに動くから変な取り引きして一週間の勝ちが七割近く流れてしまいました。

自分で馬鹿な行動と反省です。
ちょっと、勝ったくらいで大きくなった自分を戒めます。

FXをしていて、大きなイベントより失業率程度のイベントの方が良い取り引きしてる自分がいます。

FXB先生は、大きなイベントの時は取り引きを控えているんですか?

いや~そんなことないですよ。

今日も雇用統計でトレードでしたし。

イベント関係なく、条件的に良さそうであれば入りますよ。

 

Tさん

FXB先生
お世話になっております。Tと申します。

昨日、トレード計画を立て、指値にてトレードをしようとしました。
ギリギリで指値に引っかからずにトレード未遂となってしまいましたが、
自分なりに計画を立てて進めようとしてみたものなので、報告させて下さい。

10/25 USDCAD

週足のみダウントレンド中ではあるものの、その他の背景から、ロング目線で検討しました。
4時間足を見たところ、週足のコマ足包線から考えられるゾーン下限付近、
先週の高値・終値、4H足の押し安値などのラインが集中していることから、
そこまでプルバックが入ったら、この付近のサポートは強い可能性が高いと判断し、
これらが集中している場所の一番上にあるライン(先週の高値)に指値注文をおいて見守ってました。

すぐ上に日足の戻り高値ラインがあるものの、そこでもみ合い下がるようなら建値決済しよう、
そこも抜けられれば60pipsは狙えるだろう、
(あわよくば…次のレジとして週足戻り高値ラインまでもしかしたら狙えるかも、
でもさすがに欲張りすぎかな)などと考えておりました。

()内は欲望であり、画像のストップ・チェックサインは当初置いた指値注文と決済指値です。

家事をしている最中に大きく動いてしまったようで、後から確認したら
1pipsほど足りずに指値にひっかからず、トレード未遂となってしまった、と言う状態でした。

トレードは出来ず、指値注文が出来ていたら結果的に美味しかったと言う流れでしたが、
この考え方と注文の置き方はどうでしょうか。
どこかその考え方はマズイよ、と言う点があればご指導いただければ幸いです。
宜しくお願いします。

Tさんのトレードチャート

ふぉ~ほ~ なりふぉど~ 積極的なトレード計画ですな~

狙いはいいですよ。

環境認識がきちんと出来てた上での積極的なトレードだと解釈した方が正しいかもしれません。

基本的な見方は間違ってないので大丈夫です。

今後も自信を持ってトレードしよう。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ