カナダ1.2823ブレイクは失敗。 | FXブレイク

カナダ1.2823ブレイクは失敗。

カナダエントリー位置記載チャート

-10pip

注目していたラインの1.2823でブレイクしたのでロングだったが、ブレイク失敗したような動きでロスカット。

 

読者からの です。

Sさん

 

初めまして、Sと申します。
FXを始めて、4か月程度の初心者です。
始めた動機は、今年末で会社を退職する事が決まり、年金生活に入る事になりました。
月20万程度の年金では、貯蓄や退職金を切り崩しての生活になると思い、余裕の有る、今のうちに多少勉強代を払ってでもと思い、取りあえず始めました。

最初は、FX基本本を何冊か買って、何となく概略を知り、何のルールもストーリーも無く
目の前の上下する、チャートと睨めっこしながら、上がった下がったと右往左往していました。

当然、勝てるわけもなく、自分に合ったスタイルを模索すべく、ネットの情報を集めまくって
取りあえず、試してみました。

最初は躊躇うこともなく、エントリー出来ていたのが段々に知識が増えるに従って、怖くなりエントリーが遅くなり、損切状態でした。

このままでは駄目だと思い、トレードを暫く中止して、再度、チャートに付いて勉強し直しました。

ようやく、「サポ・レジ」の引き方や、ダウの見方、グランビルの法則等、理解できたように思います。

まだまだ、トレードに対する自信が持てず、FXB様ような、ストーリーを持ってルールに従った、自信ある、トレードがしたいと思っています。

これからも、見捨てずにご指導下さい。

PS
セミナーのビデオ拝見しました。

一定レベル以上の方々の集まりで、質問の意味も半分程度しか理解できませんでした。
もっともっと、勉強しなければと思いました。

注目通貨の配信を毎日拝見しています。
とっても、勉強になります。特にビデオ解説が解りやすく、とても助かっています。

 

Sさん、こんにちは。

fx初心者の方が通る道筋の中にインジケーターを使ったトレード方法という道もあります。

ほとんどの方が通る道なんですが、これを勉強してしまうと次から次へと勝てそうなインジケーター探しの旅になってしまうケースが多いです。

インジケーターを否定するつもりはありませんが、インジケーターにあまりにも囚われてしまうとインジの奴隷となってしまい環境認識やレジサポの重要性を忘れてしまい本末転倒となってしまい、負けトレード連発。

後にようやく冷静さを取り戻しインジ以外のトレンドや環境認識やレジサポなどの重要性に気が付きそこから本格的な成長が始まるというケースが多いです。

Sさんも今後はこのようなことに気をつけながら成長してもらえればと思います。

 

Tさん

FBX様
早々の回答ありがとうございます。

通貨はドル円になります。
ラインを活かしたいんですが、どう活用すればイイかわからずエントリーできないでいます。
大変お忙しいと思うのですが、助言頂けないでしょうか。

ラインはラインに対するプライスアクションを見てトレードにつなげるのが基本です。

プライスアクションについては、下記を参考にしてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FXのプライスアクションの意味と使い方の解説映像

上記映像の一部補足

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

Dさん

こんにちは。FXB先生
理解しにくいものが、あるのですが教えてください。

あの、20MAなどのラインは下に向いていれば、現在価格はこれから下がるという見方をするのですか?それとも、転換して上を目指す見方をするのですか?

三本のラインの二本は下向きでも一本は上を向いているなら、これはどう判断すれば良いですか?
20MAは、短期ラインの意味ですよね?

本当に下らない、質問で申し訳ないですが、教えてください。

形を待ち、ラインの引き方も分かるようにはだいぶ分かるようにはなりましたが、更なる確実性を出したいのでお願いします。
D

 

基本的に方向を見るのはトレンドです。

アップトレンドなのか? トレンド無しなのか? ダウントレンドなのか? この三つのどれに当てはまるのかを分析します。

その上でトレンドの方向とMAの向きが揃っている方がよりベター

揃っているMAの本数も1本より、2本。

2本より3本。

というようにMAの揃っている本数が多い方がより好ましいという見方です。

しかし、一番強いのはサポレジです。

MAではありません。

ここは勘違いしないように気をつけてください。


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ