EURUSD1.1839レジスタンスでのプライスアクション監視 | FXブレイク

EURUSD1.1839レジスタンスでのプライスアクション監視

EURUSD 1.1839レジスタンスでのプライスアクション監視

特に1.1839レジスタンスに注目していたが、届かずに失速。
結果的にはBOX圏のような動き。 今後も要監視。

6月11日EURUSD当日とその後のチャート

読者からの です。

Mさん

FXB先生

ご無沙汰しています。

ここ半年トレード成績がかなり安定しています。

先生に出会ったおかげですね(^^♪

感謝しています。

徐々に心にも余裕が出てきて、精神的にも、自律神経パニック障害もよくなってきました。

一応ブログに投稿して、誰かの役に立てるかもと思い、久々にメールしました。

投稿は傲慢さも出てくるし自己満が出るので控えていましたが、今日は大丈夫そうです。

今週は、トータルプラスを意識してうまくやれたと思います。悪い状態や状況の中でも

うまく立て直して、週間では100Pくらいのプラスでした。

体調や状況が悪い中でも、立て直すこと、損切りを実行してトータル+にもっていくこと。の大切さがわかります。

月曜日は50Pマイナスを食らいました。エントリー位置が悪かったことと、長く持ちすぎたことでプラスをマイナスにしました。

その後夜間でしたがポンド円でエントリーチャンスがあったので、エントリーし、+70Pくらい取れました。水曜日は、20Pマイ
ナス、木曜日は、最初20Pくらいマイナスを食らって、そこから、ポンド円は調整で下方に行くと考え、ポジションを切って再度エントリー+50Pくらいで、
金曜日は、ポンド円の二番目のブレイクを狙って短めに30Pくらいで利食い!その後、ポンドドルがチャンス位置が良かったのでエ
ントリーして一気に30Pいったところで利食い。60Pくらいのプラスを取れました。

毎日毎日成長して模索しています。そしてFT2に加えてブログの読み直しもやっています。
現在はメインがFT2、ブログをサポートに回す感じで勉強しています。

土日もトレード検証があるので完全に休みではありません、しかし、バランスをとるため息抜きは絶対に必要です。それは精神状態にも大きく影響します。
結局は、精神状態が最後は左右すると思います。
*元広島カープの黒田博樹投手の本。決断、クウォリティピッチングはかなり参考になりました。*
現在ブログは2015/5月~10月のKJさん、PONさん、YUMIさん、CHさんなどの読者の投稿を復習しています。201
2/1月~2013月のLAさんRさんの記事も参考にこれらの期間をメインでトレードのサポートに見返しています。もちろんマニュアルも見返すときはあります。
手法が固まった現在はFT2→ブログ→実践の繰り返しです。

やはり、大きく損する日もあります。連続してロスカットを食らうこともあれば、思いのほかボラティリティが上昇して大きく損失を食らう。
専業になり5年近くになりますが、ブログで勉強し、検証し、一定の手法を確立し、継続して利益が出るようになった現在でも大きなミスはあります。
しかし、その中でも、トータルに目を向ける、これは、野球でクウォリティスタートという数値がありますが、その思考方法に似ています。自責点3以内で一試合6回を抑えれば評価される。

精神状態を一定に保つこと、(意識的に休みを入れる、お酒を飲みに出る、トレード見送ったり、あまりにも精神疲労がたまっているときはトレードしない。
休むこともトレーどの一つ、睡眠をしっかりとる、生活リズムを整える一定のリズムで自分のリ
ズムで生活する)たまに羽目を外すのはいいがしっかりとバランスをとっていくことが大切だと思います。

確立したトレード手法に磨きをかけていき、たくさんの相場を経験して、毎日変化していくこと。

これらが重要かなと最近思います。参考になれば幸いです。

Mさんのトレードチャート

ナイストレード!

Mさん、こんんちは。
トレード報告ありがとうございます。

いつものMさんらしい個性のあるトレードでしたね。
やっぱり、トレードってその人の個性が出ると思います。

Mさんの言う通り、トレード成長の一番の近道は毎日の地道な努力の積み重ねですよね。 私もつくづくそのように思います。 その為の生活リズム。

そして、自己成長の為のルーティンの実行。

これからも更なる活躍を期待しています。

« | ホーム | »

このページの先頭へ