GBPUSD エントリー位置記載チャート

-10pip    今月トータル +310pip

レジトライから失速して下がると思ったが、少し甘かったようで
ロスカットでした。

 

読者からの です。

名無しさん

現在のチャートだけでは、物足りず、
ft3での過去検証に少し取組んでみたのですが、質問があります。

過去検証は、事細かに数字や言葉にして
分析をしたほうがいいのでしょうか?

それよりも、
プライスアクションへの意味付け(市場参加者の心理予測)や、

プライスアクションを感覚的に落とし込むのが良いのでしょうか?

だいたいこんな時は、上に行くと、あくまで理屈では
全て説明できないようなスキルの習得と
考えても間違いではありませんか?

過去検証をしていると、どうしても、何か絶対的な確率論での答えや
プライスアクションを探してしまう自分がいます。

これは、確率論への理解の低さからだと思っていますが、
自分に自信がないことが大きいと思います。

努力の仕方を間違えたくなくて質問させてもらいました。

小さい頃は、自転車を乗るとか、スポーツなど、
感覚の習得にも一生懸命だったのに、大人に近づくにつれ、
理屈で説明のつくことしか素直に取り組めない自分が情けないです。

ご教授お願いします。

 

過去検証では、気づいたことをたくさん書いてみましょう。

どのラインが重要なのか、トレンドはどうなのか、
WボトムやWトップなどのパターンが出現しているかなど、
色々と書いていくうちに気づくことがたくさんありますよ。

相場に絶対はありませんが、
確率的に勝ちやすい相場を選ぶことは可能です。

それはどういった相場環境なのかを
過去検証で確認してみて下さいね。