FXライン配信とチャート分析まとめ 3/25~3/29

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

3月25日 EURUSD ◎
3月26日 NZDUSD ◎
3月27日 GBPUSD ◎
3月28日 AUDUSD ○
3月29日 USDCAD ◎

注目の一週間を振り返り。
===============================

3月25日 ライン配信画像とコメント

EURUSD 1.1273サポートとの攻防戦

EURUSDは、先週の高値から1本調子で下降してきたのでいつプルバックが入っても良い状態。 ですから、プルバック候補としては以下の3個が候補

A 先週の初値
B 先週のブレイクライン
C 先週金曜日の高値付近

eurusd-2019年3月25日とその後のチャート1.1343(グレーライン)には若干届かなかったがプルバック完了から1.1273サポートブレイク成功の動きでした。

FXチャート分析

eurusd-エントリー位置解説図1.1343ラインに対してBOX圏を形成
BOX圏下限からのブレイクエントリーならポイントAのショートエントリーが良いです。

eurusd-エントリー位置解説チャート1.1273サポートブレイク後は多少オーバー気味だったが1HでBOX圏形成。 BOX圏からのブレイクエントリー後は理想的なエントリー位置が出限。

B BOX圏からのブレイクエントリー
C BOX圏下限でのローソク足パターン
D BOX圏下限でWトップネック切りショート

3月26日 ライン配信画像とコメント

NZ)RBNZ政策金利&声明発表前日の動き

明日10時にニュージーランドのRBNZ政策金利&声明発表を控えて年初来高値0.6941と去年の高値0.6975付近をトライしている状況。

今後のこのレジスタンスをブレイク失敗した場合は絶好の売り場となるだろうし、ブレイク成功した場合は絶好の買い場となる。 つまり、どっちに転んでも絶好のスイングトレードのチャンスになる場面。

じっくりと監視していきたい。

もし、ブレイク失敗した場合のプルバック候補は以下の3個

A 0.6917付近のライン
B 0.6941付近のライン
C 0.6975付近のライン

nzdusd-2019年3月26日とその後のチャート0.6917ラインで抑えられて政策金利で一気に下方向にブレイクの動きでした。

FXチャート分析

nzdusd-エントリー位置解説図1HでBOX圏形成。このような理由からBOX圏からのブレイクエントリーAが理想でした。

NZDUSD トレード

nzdusd-エントリー位置記載チャート+60pip
一気に動いたせいでけっこう滑ったが無事にトレード成功でした。

3月27日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD 1.3157サポートブレイク待ち

ポンドは上値が重い状況。 目先のブレイクラインは1.3157だが、ペナントの中にいる状況。その為にブレイク後にけっこう深めに戻す可能性もあるので早めの利確の方がベター

1.3157サポートに対する可能性は以下の3個

A 一旦ブレイク失敗
B 1.3157サポートブレイク
C 1.3157サポートブレイク後のN字下降

gbpusd-2019年3月29日とその後のチャート1.3157サポートに対して一旦騙しブレイクが入ったがその後は順調に下降の動きでした。

GBPUSD トレード

gbpusd-エントリー位置記載チャート

-10pip

Wトップネック切りショートでエントリー後、
多少の騙しブレでロスカットでした。

読者からのメールです。

トレード報告です。

3月28日 GBPUSDショートです。

22:00 1.31195
01:45 1.30423

1.31579に対するダマシブレイク後の動きを監視。
調整が入ってから再度サポートトライ。
今度は1.31579とダマシの安値を4H足実体でブレイク。
1Hの長い上ひげ陰線確定でエントリー。
22日の安値を越えれば、21日の安値が節目。

ラインブレイク後のN字波でした。
では失礼します。

gbpusd-Aさんエントリー位置記載チャートナイストレード!

そこでエントリーとは恐れ入りました。
さすがです。

じっくりとチャートを監視してエントリーすれば騙しにも合わないという良い例でした。

3月28日  ライン配信画像とコメント

AUDUSD レジトライに動き出すか?

直近の高値Dをブレイク成功すればレジトライに動く確率が高くなる
その場合のレジスタンス候補は以下の3個

A 0.7111
B 0.7131
C 0.7147

audusd-2019年3月28日とその後のチャート0.710付近のレジスタンスで一旦は跳ね返されたが再度レジトライの動きでした。 来週は0.710付近のレジスタンスでトリプルトップになるかどうかが焦点です。

3月29日  ライン配信画像とコメント

USDCAD 年初来高値がターゲット

USDCAD 年初来高値1.3466レジスタンスのブレイク成功 or ブレイク失敗が焦点。 考えられる動きの候補は以下の3個

A 1.3466レジスタンスブレイク
B 1.3466レジスタンスブレイク後のN字上昇
C 1.3466レジスタンスブレイク失敗

usdcad-2019年3月29日とその後のチャート1.3466レジスタンスに若干届かずにWトップ形成に向けて下降の動きでした。Wトップのネックも切ったところを見ると一旦調整が入るものと見られます。