FXライン配信とチャート分析まとめ 3/4~3/8 2019年度

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

3月4日 様子見
3月5日 AUDUSD ○
3月6日 USDCAD ◎
3月7日 EURUSD ◎
3月8日 USDJPY △

注目の一週間を振り返り。
===============================

3月4日 ライン配信画像とコメント

本命は様子見だが、今後の監視はUSDJPY

112.07レジスタンスを越えなければ一旦はプルバックの入る確率が高くなるだろう。 これは112.07に限らずその上のレジスタンスにも同様に当てはまる。

なので、一旦プルバックが入ればそこから再度レジスタンスまでの値幅をロングで取れるかもしれない。

レジスタンス候補としては以下の3個

A 112.07
B 112.30
C 112.6

112.07でプルバックが入らなければ112.3から112.6をさわりにいくだろう。

usdjpy-2019年3月4日とその後のチャートプルバック無しで上昇。その後は112.07レジスタンスで頭を抑えられて横ばい状況。

3月5日 ライン配信画像とコメント

豪 RBA政策金利&声明発表でブレイクなるか?

オージーは長期で見るとH&Sパターンを形成しつつある状況。
ブレイク or ブレイク失敗がハッキリするとすれば今日の妥当性が高い
だから、今日は、0.7053サポートでのプライスアクション監視。

audusd-2019年3月5日とその後のチャート

0.7053サポートでのブレイク成功。

audusd-エントリー位置記載チャートエントリーはAの位置がベストでした。

3月6日 ライン配信画像とコメント

カナダ BOC政策金利&声明発表での注目ライン

今晩1.3373のラインでブレイク成功 or 失敗に注目

ブレイク失敗だとしても高値圏に張り付いてBOX圏形成に向かうケースもあるのでじっくり様子を監視していきたい。

usdcad-2019年3月6日とその後のチャート

注目していた1.3373レジスタンスをブレイク成功の動きでした。

USDCADトレード

usdcad-エントリー位置記載チャート+60pip

エントリー位置は2箇所が考えられたが安全をみてBからロングエントリーでした。

A 指標発表後の初動でのエントリー
B 直近のレジスタンスブレイクエントリー

USDCAD エントリー分析

usdcad-エントリー解説用チャート usdcad-チャート解説用

15分レベルだとCで作られたサポートゾーンDと1.3373が重なっているラインに対してWボトムを形成しながらの上昇。
Aの初動からエントリーでも良い
安全の為には、WボトムのネックBからのロング
どちらで入ってもトレードのスタイル次第です。

3月7日  ライン配信画像とコメント

2019年3月度 ECB政策金利&声明発表

ユーロはトレンド的にショート方向で見ている
通常であれば1.1285サポートを切ればブレイクショート
しかし、今日の政策金利、明日の雇用統計という状況から
考えると私個人の意見としては一旦1.1361レジスタンスまで
上昇してもらった方があとあと売りやすい。

今後考えられる3パターン

A 理想はここまで上昇後のショート狙い
B 最低でもこの付近までプルバックが入るケース
C 1.1285ブレイク

eurusd-2019年3月7日とその後のチャート1.1285サポートをブレイク成功の動きでした。

個人的にはライン配信画像Aの動きが理想でしたが、いつも理想通りに動かない相場でした。

EURUSDトレード

+60pip

1.1285サポートブレイクでエントリーその後、順調に値が伸びて利確成功でした。

3月8日  ライン配信画像とコメント

2019年3月 米)雇用統計

今日の雇用統計は難しいが注目はUSDJPY

111.2あたりのBOX圏上限をブレイクしてきたので今後は、ここまでプルバックが入るかどうかが焦点。 もしここまでプルバックが入った場合は111.2サポート付近から考えられるケースは以下の3個

A 111.2付近のサポートから反発
B 111.2付近のサポートから反発失敗
C BOX圏下限又は110.42付近から反発
X ここから大きめの調整に入る可能性も低確率で有る

usdjpy-2019年3月8日とその後のチャートBOX圏上限のサポートのブレイク成功!
だが、あまり値は伸びずに4H押し安値のサポートで下げ止まる動きでした。