FXライン配信とチャート分析まとめ 6/17~6/21

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

6月17日 EURUSD ◎
6月18日 NZDUSD ◎
6月19日 AUDUSD ◎
6月20日 AUDUSD -
6月21日 USDJPY  △

注目の一週間を振り返り。
====================

6月17日 ライン配信画像とコメント

EURUSD サポート

EURUSD は、1.1202サポートに対するプライスアクションを監視

考えられる動きは以下の3個

A 1.1202サポートブレイク
B 1.1223まで上昇後、ショート狙い
C 1.1268まで上昇後、ショート狙い

 eurusd-その後のチャートEURUSDは、1.1202サポートをブレイクしたが値が伸びずに横ばい状況。

EURUSD チャート分析

eurusd-エントリー位置記載チャートEURUSDは、1.1202サポートのブレイクエントリーでも良かった。

ブレイク後のショートであれば、E1かE2からのエントリーが良かったが、結局値が伸びなかったのが残念。

NZDUSD トレード

nzdusd-エントリー位置記載チャート+40pip

先週にショートで入り0.6522ブレイク前に出るつもりで入ったがポジション保有後うっかりミスでオーバーナイト。

結果的にブレイク成功の動きだったので良かったです。

6月18日 ライン配信画像とコメント

NZDUSD 0.6481

NZDUSDは、先月安値の0.6481サポートが一番の注目ライン

考えられる動きは以下の3個

A 0.6481サポートブレイク
B 0.6481サポートブレイク後のN字下降
C 0.6522又は0.6588付近からのショート狙い

nzdusd-その後のチャート0.6481サポートでブレイク失敗。
その後Wボトム形成から上昇の動きでした。

nzdusd-ネックライン記載チャートnzdusd-エントリー位置記載チャート水色=Wトップネックライン

もし、ロングで入るとすればネックラインをブレイクした位置が良かったと思います。

6月19日 ライン配信画像とコメント

AUDUSD 戻り売り狙い

AUDUSDは、今後プルバック完了から売りのチャンスを伺う。

売りのチャンスの狙い目ライン候補は以下の3個

A 4H戻り高値 0.6884
B 先週のブレイクライン 0.6901
C AからBのトレンドの半値戻し 0.6923

 audusd-その後のチャートAUDUSDは、レジスタンス0.6923トライの動き。

AUDUSD チャート分析

ショート狙いだったのでトレードチャンスは無し。
しかし、ロング狙いであれば以下のポイントが良かったです。

audusd-逆H&Sパターン解説図audusd-エントリー位置記載チャートAで1Hアップトレンド発生
Cが逆H&Sパターンのネックライン

Aでアップトレンド発生後、ネックラインCからN字上昇する小さなブレイクポイントBからのブレイクエントリー

読者からのメールです。

Aさん

6月19日 USDCADショートです。

22:00 1.33478
11:00 1.32534

日足の下落に対する調整を待ってからのショートです。
どこまでプルバックが入るか、というのが最初のポイント。
フィボ61付近があやしい感じ。
1Hボックスと見るか、Wトップと見るか。
1.33928をブレイク→ヨコに動いて行ってMAにぶつかるというのは好きな形です。
MAにぶつかって下へ→1H陰線確定でエントリーです。
決済は先週の安値を第一目標として半分利確。
残りは2月のサポートと年初来安値付近で利確予定です。

では失礼します。

usdcad-エントリー位置記載チャートナイストレード!

流石はAさん、この下落を獲ったとは凄いです。
私は見落としていました。

環境認識からトレンドの流れる方向が合っていれば多少の含み損が途中で出て耐えられると思いますし、その後はやっぱり!の動き。

しかも急落! お見事です。

6月20日  ライン配信画像とコメント

AUDUSD 0.6923レジスタンス

AUDUSDは、今後プルバック完了
から売りのチャンスを伺う。

売り狙いの待ち伏せラインは
以下の3個だがCの確率は
今日の時点では低い

A 0.6901付近
B 0.6923付近
C 0.6964付近

 audusd-その後のチャート0.6923レジスタンスに対してWトップ形成からネックを切ったが再度上昇。 しかし、0.6923を抜けそうで抜けない動き。

audusd-サポート位置記載チャート来週はサポートS1を切ってくると下げの確率が高くなると見ている。

6月21日  ライン配信画像とコメント

USDJPY 107.21サポート注目

ドル円は今の位置から多少プルバックが入るだろうが最終的に107.21サポートをブレイク or ブレイク失敗を監視

 usdjpy-その後のチャート動き的にはAに近い動き。しかし、107.21サポートに注目していただけに一度騙しブレイクが入ったのが残念。

USDJPY チャート分析

usdjpy-エントリー位置記載チャートE1でのブレイクエントリーはロスカットのケース

水色ラインに対してコマ足包み線で上げ止まった様子。
ラインの対して8pipなら十分許容範囲内。

サポートS1を切った位置E2からのショートなら可能。
ただ、その後あまり値が伸びてないのが玉にきず。

USDJPY トレード

usdjpy-エントリー位置記載チャート-10pip

USDJPYブレイクエントリーだったが、ロスカット。

usdjpy-チャート赤丸付近からのショートが良かったが、時間的に遅かったので見送りでした。