FXライン配信とチャート分析まとめ 8/5日~8/9日

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

8月 5日 GBPUSD -
8月 6日 USDCHF △
8月 7日 AUDUSD ◎
8月 8日 様子見
8月 9日 EURUSD -

注目の一週間を振り返り。
==========================

8月5日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD 1.2078

GBPUSDは、1.2078サポートに対するプライスアクション監視。

A 1.2078サポートから一旦反発の動き
B 1.2078サポートブレイク

gbpusd-その後のチャートGBPUSDは、ほぼ横ばい状況でした。

読者からのメールです。

Aさん

トレード報告です。

8月2日 USDCHFショートです。

16:15 0.98749
26:15 0.98149

ドルスイスは日足の戻り高値を上抜けない限りショートです。
H&Sからすんなり下げずに再プルバック。
4Hの包み足完成したところは遅い時間で見送り。
先週、先々週の安値を1Hの実体でブレイク。
少し調整が入った後に二段目ブレイクエントリー。
ストップは20PIPほど、エントリー後は放置。
無事に利確となりました。

では失礼します。

usdchf-エントリー位置記載チャートナイストレード!

流石はAさん、いいところで入りましたね~

環境認識から言っても抜群の位置ですよね。
メールありがとうございました。

8月6日 ライン配信画像とコメント

USDCHF 年初来安値

USDCHFは、年初来安値サポート0.9693に対するプライスアクションを監視

考えられる候補は以下の3個

A 0.9757レジスタンスブレイク
B 0.9757レジスタンスブレイク後のN字上昇
C 0.9757レジスタンスブレイク失敗

 usdchf-その後のチャート一旦は0.9757レジスタンスをブレイク成功したが、値が伸びずにその後失速の動きでした。

USDCHF トレード

usdchf-エントリー位置記載チャート-10pip

レジスタンスブレイクでエントリー。その後値が伸びなかったのでオーバーナイト。
翌日、ロスカットの動きでした。

8月7日 ライン配信画像とコメント

AUDUSD 横ばい

AUDUSDは、横ばい状況でBOX圏形成中。

BOX圏からのブレイク狙い

audusd-BOX圏からブレイクしたが、その後急上昇の動きでした。

AUDUSD トレード

audusd-エントリー位置記載チャート+60pip

NZDUSDの政策金利発表後の急落の動きにオージーも引っ張られて下降。 反転前に利確だったのでその後の戻しには巻き込まれずに良かったです。

8月8日  ライン配信画像とコメント

今日は様子見です。

 

8月9日  ライン配信画像とコメント

EURUSD 1.1176

EURUSDは、1.1176サポートブレイク狙い

EURUSDは、上値重そうな状況から1.1176サポートブレイクの監視

今後は、このラインでのプライスアクションを監視していきたい。

A ブレイク成功狙い
B ブレイク成功後のN字下降ショート狙い
C 一旦はプルバックで上昇

eurusd-その後のチャートEURUSDは、動きがハッキリしたわけではないが、上値が重そうな状況。 来週はこのまま下がってもらえればショート狙い。

AUDUSD トレード

audusd-エントリー位置記載チャートEの位置からショートエントリーだったが、値が伸びなかったのでオーバーナイト。

audusd-解説用チャート前日高値に対してエントリーの時点では3回レジトライに行ったがいずれもブレイク失敗。

だったら、ショートでしょう~ということでショートでした。