FXライン配信とチャート分析まとめ 8/26日~8/30日

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

8月26日 EURUSD ◎
8月27日 NZDUSD ◎
8月28日 USDCHF △
8月29日 NZDUSD ◎
8月30日 GBPUSD -

注目の一週間を振り返り。
==========================

8月26日 ライン配信画像とコメント

EURUSD BOX圏下限と上限で待ち伏せ

EURUSDは、BOX圏からのブレイク成功したので待ち伏せプランは以下の3個

A 直近のサポートブレイク
B BOX圏上下限からのショート狙い
C BOX圏上限からのショート狙い

eurusd-その後のチャート

その後はたいしたプルバックもなくほぼAの動きで下降していきました。

 

8月27日 ライン配信画像とコメント

今日のNZDUSDは難しい

NZDUSDは、ゆるり、ゆるりと下降しているが、このバランスがいつまで続くのかは分からない。

理想はCの0.6388付近からのショート狙いだが、候補は以下の3個

A 直近の安値ブレイク
B 0.63809付近からのショート狙い
C 0.6388付近からのショート狙い

 nzdusdf-その後のチャート

今週オープンのレジスタンスで綺麗なN字下降の動きでした。

EURUSD チャート分析

nzdusd-エントリー位置記載チャート

注目していた0.63809のラインに対して1Hでコマ足包み線完成時にエントリーが良いです。

8月28日 ライン配信画像とコメント

USDCHF 0.9807サポート

USDCHFは日足レジスタンスで頭を抑えられて、4Hトレンドラインも切っている状況なので0.9807サポートのブレイク狙い

A 0.9807で一旦反発上昇の動きからのショート狙い
B 0.9807サポートのブレイク狙い

usdchf-その後のチャート

0.9807をブレイクすると思っていたが、以外にも反発上昇の動きで意外でした。

USDCHF トレード

usdchf-エントリー位置記載チャート

-10pip

0.9807サポートのブレイク狙い後のN字下降ショート狙いでショートだったがロスカット。

見立てが違っていたようでした。

8月29日  ライン配信画像とコメント

NZDUSD 戻り売り狙い

NZDUSDは、ここ数日下げ一方の動き。

当然、戻り売りからのショートを狙っていきたい。

A 0.6340付近のレジスタンスからのショート狙い
B 0.6365付近のレジスタンスからのショート狙い
C 0.6380付近のレジスタンスからのショート狙い

 nzdusd-その後のチャート

Aの動きで下げ順行でした。

NZDUSD トレード

nzdusd-エントリー位置記載チャート

Eの位置からショートだったが、値が伸びなかったので来週まで持ち越しでした。

8月30日  ライン配信画像とコメント

GBPUSD 4Hダウントレンド発生なるか?

GBPUSDは、1.2154サポートをブレイクすると4Hのダウントレンド発生になる。

今後、考えれるプランは3個

A 1.2154サポートブレイク
B 1.2154サポートブレイク後のN字ショート狙い
C プルバックからのショート狙い

gbpusd-その後のチャート

1.2154サポートに注目していたが、一旦は騙しブレイクが入った形でしたが、ハッキリとした動きが出ていない状況。

来週も1.2154サポートの監視を続けたいと思います。