FXライン配信とチャート分析まとめ 9/16日~9/20日

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

9月16日 様子見
9月17日 GBPUSD ◎
9月18日 AUDUSD ◎
9月19日 NZDUSD ◎
9月20日 USDJPY  ◎

注目の一週間を振り返り。
==========================

9月16日 ライン配信画像とコメント

今日の監視通貨は、様子見

NZDUSDトレード

+15pip

先週金曜日にブレイクエントリーしたポジションは月曜日TK時間決済でした。

読者からのメールです。

OYさん

いつもお世話になっております。
一昨日のシナリオ見事的中です。レンジブレイクしました。

気つくのが遅く入るのが遅くかつピボットR2で一旦利確してしまいました結果的にR3までのびました。

10PIPくらいの稼げました。ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

gbpusd-チャート

先週、頂いていたメールなので文章からGBPUSDの1.2383レジスタンスのブレイクでエントリーしたと思われます。

OYさん、ナイストレード! おめでとうございます。

このように、環境認識が出来ると自分がエントリーしようとしているトレードの確率が高いトレードなのか、低いトレードなのかの判断が出来るようになります。

時々、読者の中でFXBのライン配信はどのように
当てているのですか?

と質問を受けることがありますが、当てている訳ではありません。

全て確率から導き出しているだけです。 ですから、読者の皆さんも環境認識を習えば私と同じ位置にラインが引けて、ほぼ同じ判断が出来るようになると思います。

つまり、トレンドの向きとサポレジの強弱が分かればトレード確率の高低も自分で判断出来るようになるということです。

 

9月17日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD 1.2398

GBPUSDは、1.2398サポート切ると1Hでダウントレンド発生になる

だから、1.2398サポートを監視

A 1.2398サポートブレイク
B 1.2398サポートから反発

gbpusd-その後のチャート

1.2398サポートから反発上昇の動きでした。

gbpusd-エントリー位置記載チャート

反発の動きからロングするのであれば当日高値を超えたEの位置からのロングが良いです。

 

9月18日 ライン配信画像とコメント

AUDUSD 0.683ブレイク狙い

AUDUSDは、前日安値サポート0.683に対するプライスアクションを監視

A 0.683サポートブレイク
B 0.683サポートから一旦反発

 audusd-

0.683サポートブレイク成功の動きでした。

audusd-4H足チャート

ショートで入るのであれば4H足ダウントレンド発生が確定したEの位置が良かったですが、日本時間だと夜中なので現実的ではありませんでした。

 

9月19日  ライン配信画像とコメント

NZDUSD 戻り売り狙い

NZDUSDの戻り売り狙いのレジスタンス候補は以下の3個

A 0.6321
B 0.6339
C 0.6361

それぞれのレジスタンスでのプライスアクション待ち。

nzdusd-その後のチャート

0.6321レジスタンスでN字下降の動きでした。

NZDUSD トレード

nzdusd-エントリー位置記載チャート

+20pip

0.6321レジスタンスに対して1Hではらみ線完成後のはらみ線安値切りでショート。

その後、オーバーナイト。

値が伸びなかったので翌日TK時間決済でした。

読者からのメールです。

Aさん

トレード報告です。

9月19日 AUDUSDショートです。

06:00 0.68280
14:00 0.67863

18日の安値0.683ブレイクを4Hで確認してエントリー。
日足の包み足完成とも重なるタイミングですね。
4Hのローソク足二本分で決済です。
週足でも包み足になりつつあり、
包み足完成→ショートで年初来安値を狙うつもりです。

では失礼します。

audusd-エントリー位置記載チャート

ナイストレード!

今回のパターンはけっこうお堅いトレードパターンでしたね。

今週後半はやはりAUDUSDとNZDUSDの注目度が高かったから狙い目でした。

いつもスキの無いスナイパートレード、お見事です。

 

9月20日  ライン配信画像とコメント

USDJPY 107.78サポート注目

USDJPYは、107.78サポートを割ると1Hと4Hでダウントレンド発生となり、これまでの上昇に黄色信号点滅となる。

A 107.78サポートから反発
B 107.78サポートブレイク

 usdjpy-その後のチャート

USDJPYは、1Hと4Hでダウントレンド発生成功の動きでした。

目先、来週は一旦調整が入ると思います。

USDJPY トレード

usdjpy-その後のチャート

107.78サポート注目していたが、LD時間にヒゲ抜け。

金曜日ということもありヒゲ下に逆指値を入れて就寝。
朝見たら刺さっていた。 (少し意外)

来週、TK時間決済の予定。