FXライン配信とチャート分析まとめ 9/23日~9/27日

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

9月23日 NZDUSD 〇 GBPAUD ◎
9月24日 USDJPY  ◎
9月25日 GBPUSD ◎  GBPJPY ◎
9月26日 GBPUSD 〇
9月27日 GBPUSD 〇

注目の一週間を振り返り。
==========================

9月23日 ライン配信画像とコメント

NZDUSD と GBPAUD の監視

NZDUSDの先週安値サポート0.6254に対するプライスアクションを監視。

nzdusd-その後のチャート

0.6321レジスタンスが効いたようで一旦はN字下降の動き。

再度、上昇したが、今度はWトップの動きから下降の動きでした。

 

GBPAUDの1H押し安値サポート1.8348のプライスアクションに注目

gbpaud-その後のチャート

動き方としては、はっきりしない動き方で下降の動きでした。

 

9月24日 ライン配信画像とコメント

USDJPY 107.79レジスタンスに注目

今日のUSDJPYは今週の高値107.79レジスタンスを越えてブレイクするのか、それともブレイク失敗で下降するのか?

プライスアクションが出現待ち

usdjpy-その後のチャート

一旦は、107.79レジスタンスに反応して下降の動きが出たのでトレードチャンスになりました。

 

USDJPY トレード

usdjpy-エントリー位置記載チャート

+30pip

トレンドライン(破線)と当日安値サポートの両方を切った位置からショートだったが、値が伸びなかったのでオーバーナイト。

翌日TK時間決済でした。

 

9月25日 ライン配信画像とコメント

今日の注目通貨は、GBPUSD, GBPJPY

GBPUSDは、1.2391サポートでのブレイク狙い

完全に反発するような動きであれば見送り。

ブレイク候補は以下の2個

A 直接ブレイク
B ブレイク後のN字下降ショート狙い

gbpusd-その後のチャート gbpusd-その後のチャート

1.2412と1.2391サポートブレイク成功の動きでしたのでトレードチャンス到来でした。

GBPUSD トレード

gbpusd-その後のチャート

+60pip

1.2412からのブレイクエントリーが決まったケースでした。

 

GBPJPYも、133.34サポートでのブレイク狙い

ブレイク候補は以下の2個

A 直接ブレイク
B ブレイク後のN字下降ショート狙い

gbpusd-その後のチャート

GBPJPY トレード

gbpjpy-エントリー位置記載チャート gbpjpy-エントリー位置記載チャート

+90pip

Eの位置でエントリー後、27日決済でした。

一度は利確を失敗しましたが、運良く翌日に下げてくれたので利益確定できました。

 

9月26日  ライン配信画像とコメント

今日の注目通貨は、GBPUSD

GBPUSDは、1.2308サポート付近での動向監視

昨日から確率通り下げの動き。

しかし、下には日足レベルのサポートが控えている。

今後のトレード計画は以下の3個

A 1.2308付近のブレイク狙い
B 1.2391からの戻り売り狙い
C 1.2412からの戻り売り狙い

gbpusd-その後のチャート

1.2326を一旦ブレイクしたが、短期足では騙しブレイク。 NY時間午後にかけて揉み合ったが結局上値重い状況から下降の動きでした。

GBPUSD トレード

gbpusd-エントリー位置記載

-10pip

1.2326サポートをブレイクでエントリー

その後、やはり予測通り下のサポートから反発上昇の動きでした。

 

9月27日  ライン配信画像とコメント

今日の注目通貨は、GBPUSD

昨日から確率通り下げの動き。しかし、下には週足レベルの1.2232サポートが控えている。

目標はここのサポート

今後のトレード計画は以下の2個

A 1.2308付近のブレイク狙い
B 1.2391からの戻り売り狙い

方向としては下げの方向で合っていたが、短期足でN字下降の動きでした。

gbpusd-N字下降

GBPUSD チャート分析

gbpusd-エントリー位置記載チャート

1.2326レジスタンスに対してWトップ形成。

その後ネック切り。 このネックに足して赤丸付近でコマ足包み線でN字下降の動きでした。