FXライン配信とプライスアクションまとめ 8/27~8/31 | FXブレイク

FXライン配信とプライスアクションまとめ 8/27~8/31

FXライン配信とプライスアクションまとめ 8/27~8/31

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

8月27日  AUDUSD: △
8月28日      USDCAD: △
8月29日    EURUSD: △
8月30日  EURUSD: △
8月31日  EURUSD: 〇

注目の一週間を振り返り。
===============================

8月27日 ライン配信画像とコメント

AUDUSD, それぞれのレジスタンスでのプライスアクション監視

audusd-8月27日とその後のチャート

BとCの間の中途半端な位置からの下げパターン。
下げた理由はプライスアクション分析で解説。

プライスアクション分析

audusd-プライスアクション分析解説チャート

0.7332でサポレジ転換して下降のつもりだったが、Eでブレイク成功!

その後、AとBでサポレジ転換から上昇を2度試みるがいずれも失敗。
仕方なく、Dラインブレイク後にCライン又はDラインでサポレジ転換から下降のパターン。

いつものケースとはちょっと違うイレギュラーなケースでした。

audusd-解説図

一週間を通してベストなエントリー位置は、AとB。

4HWトップネックラインDに対してサポレジ転換後、Dラインまで届かなかったが4Hでコマ足完成。

コマ足の安値切りA 又はその後の15分足押し安値切りB

時間帯が午前中だった為に見逃してしまったが、私には絶好のポイントでした。

8月28日 ライン配信画像とコメント

USDCAD, 1.2948サポートでのプライスアクション監視

USDCAD解説用チャート

1.2948サポートで反応すると思ったが、実際はもう一段下のサポートでW形成から上昇。
サポート違いでした。

プライスアクション分析

1.2892サポートでWボトム完成。
その後、ネックラインでレジサポ転換。
Aラインからの反発で上昇の動きでした。

8月29日 ライン配信画像とコメント

EURUSD, 1.175と1.183レジスタンスでのプライスアクション監視

eurusd-解説用チャート

1.175レジスタンスには届かなかったが、上昇失敗から下降の動きでした。

8月30日 ライン配信画像とコメント

EURUSD, 1.1651サポートでのプライスアクション監視

1.175レジスタンス手前の1.1733レジスタンス付近でWトップ形成からネック切り下降の動きでした。

eurusd-エントリー位置記載チャート

-10pip

29日は1.1651サポートをブレイクラインとして見ていてブレイクエントリー。

ブレイク後、上昇してロスカットでした。

eurusd-騙しブレイク解説図

赤丸で騙しブレイクでした。

8月31日 ライン配信画像とコメント

EURUSD, 1.1651サポートでのプライスアクション監視

1.1641サポートのブレイク成功!

プライスアクション分析

eurusd-エントリー位置記載チャート

A付近からのショートなら一旦はロスカット。

eurusd-エントリー位置記載チャート図

15分足戻り高値Aで引けたレジスタンスゾーンでコマ足包み線完成E。

コマ足安値が丁度1.1641なので早めのエントリーならB
その後、コマ足包み線安値切りならCでエントリー
初心者向きの分かりやすいエントリーならDです。

読者からの です。

Mさん

2018年8月31日のエントリーについて
こんにちわ。いつも勉強させていただいています。
まだトータル期間では1年にもみたない月で勝ったことがない僕ですが、
たくさん勉強してFXBさんの動画もかなり見させていただいてます。

おかげですでに負けてるにもかかわらず、自信をもって勝負ができるようになり、
負けても何も思わなくなりました。

今日の動画をさっそく拝見したのですが、ユーロドルのショートを狙っているとおっしゃっている
動画を見て自分は目線的に同じ4時間の1.1641でロングを狙っています。

理由は週足ベースでもみこんだ場所の強いレジスタンスだからそう簡単に割れないだろうと思うのです。

週足単位でレンジ形成と読んでいます。

割ったらショートの落ちが早いのは理解できますし、
一時間、4時間的にも割る可能性もとても考えられるのはよくわかります。

僕はファンダメンタルズ的なことがまだまだとても無知なのですが、
ファンドの決算は9月らしく、このかなり早いユーロの上げはそのせいであって
そうゆうテクニカルではない部分もFXBさんは考慮してのショート狙いなのか、
4時間や1時間の小さい波紋の状況から転換の臭いを週足のレジサポより優先しているのか、
単純に上か下かっ微妙なところではリワードがかなりよさそうだとゆうのを優先しているのか、
かなり難しいところだと思いますが気になりました。

あくまで自分は自分の目線を変えませんが、
FXBさんの週足のラインについての考えが聞きたいと思いました。

長文ですみません。

この場所はスイングでとるにしても重要なラインだと思うので、
あまり積極的に人に聞く方ではないのですが、
自分のこれからの成長のためにと思い、メールしてみました。

いつもとても具体的な分析動画ありがとうございます。

eurusd-解説用チャート

週足ラインは見ての通り、綺麗なトレンドが出ているようなパターンではなく、多少入り込んでいる状態。 月足でみればやっぱりここ3ヶ月はコマ足で横ばい状態。

つまり、ユーロはここ3ヶ月の高値と安値に挟まれてのBOX圏の動きだということが分かります。

ですから、BOX圏のなかで一生懸命ラインを引いても意味としては薄いライン。

ですから、大局的には重要視出来るようなラインは、そもそも存在薄だと認識しています。

 

Yさん

お世話になります。
大阪在住のYと申します。
この前は、ブログにトレード報告を取り上げていただきありがとうございます。

以前から、先生よりナイストレードのお言葉をもらうのが目標でしたので幸いです。

エントリーポイント等少し疑問は残りますが、トレードができましたのでお礼を含めご報告致します。

8/27 のスイスです。
サポート0.97877が気になりましたが0.98177でショート、1Hでもみ合いその後トレンドが崩れたので欲張らず0.9680で決済致しました。

ブレイク後4H1Hで切り下げ線が引けました。(逆N字)

1Hで切り下げ線をブレイク かつ1Hの押し安値をブレイク後15Mで戻しを待ってエントリー致しました。MAの位置、傾きも良好。

ライン講座を受講した効果を感じます。これからもご指導宜しくお願い致します。

スイストレード位置記載チャート

ナイストレード!

まず、着眼点が良いです。 素晴らしいです。

環境認識がしかっりと出来ている証拠だと思います。

ですから、下げる確率の非常に高いポイントでのトレードが可能になったと思います。

今回のようにチャートってしっかりと見て分析していけば確率の高いポイントだけを見つけ出すことが出来るということがよく分かったと思います。

今後も、この調子でいけば大丈夫です。 自信を持ってください。

« | ホーム | »

このページの先頭へ