FXライン配信とプライスアクションまとめ 9/24~9/28 | FXブレイク

FXライン配信とプライスアクションまとめ 9/24~9/28

FXライン配信とプライスアクションまとめ 9/24~9/28

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

9月24日   GBPUSD:△
9月25日      GBPUSD:△
9月26日   USDCHF:◎
9月27日   NZDUSD:〇
9月28日   GBPUSD:〇

注目の一週間を振り返り。
===============================

9月24日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD, レジスタンスと1.3054サポートでのプライスアクション監視。

gbpusd-9月24日とその後のチャート

プライスアクション分析

gbpusd-プライスアクション分析解説用チャート

1.3293に対してWトップ形成。Wトップのネックラインで15分でH&Sを形成。

エントリーするのであればネックライン切りのA 又は、ネックラインでレジサポ転換後にトレンドラインを終値確定で切ったBの位置。

9月25日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD, 1.3167レジスタンスでのプライスアクション監視。

gbpusd-9月25日とその後のチャート

ライン違いの動きでした。

9月26日 ライン配信画像とコメント

USDCHF, 0.9633サポートでのプライスアクション監視。

usdchf-9月26日とその後のチャート

0.9633サポートから反発上昇の動きで4Hアップトレンド発生までさせて上昇の動きでした。

プライスアクション分析

usdchf-プライスアクション分析解説用チャート

Cラインでアップトレンド発生。 ロングエントリーであればアップトレンド発生後にサポート付近でコマ足が出来たのでコマ足の高値ブレイクA。

その後、レジスタンスをブレイクしたBが良かったと思います。

9月27日 ライン配信画像とコメント

NZDUSD, 0.6629サポートでのプライスアクション監視。

nzdusd-9月27日とその後のチャート

0.6629のサポートをブレイクしてまずはBの動き。

今後はCの動きになるかどうか?

9月27日 NZDUSD ショートエントリー

nzdusd-エントリー位置記載チャート

-10pip

ブレイクしたので素直にエントリーだったがロスカット。

再度エントリーをしたかったが忙しかったのでできませんでした。

プライスアクション分析

nzdusd-プライスアクション分析解説用チャート

注目していた0.6629サポートブレイクエントリーで失敗した場合、その後はBからDでのエントリーが考えられる。

B:だましブレイクの安値切りブレイク

C:プルバック完了でトレンドラインを切った位置

D:プルバックの起点となったサポートブレイク

9月28日 ライン配信画像とコメント

GBPUSD, 1.3054サポートでのプライスアクション監視。

gbpusd-9月28日とその後のチャート

1.3054ブレイク成功の動きでした。

9月28日GBPUSD ショートトレード

gbpusd-9月28日エントリー位置記載チャート

値が伸びなかったのでオーバーナイト

gbpusd-エントリー位置詳細

昨日はロスカットになったので今日は慎重にエントリー

サポートを切った後小さなN字になりそうな動き。サポート直下でコマ足が出来たのでコマ足の安値切りでエントリー

読者からの です。

Aさん

トレード報告です。

FXB様 9月27日、USDCHFロングです。
06:00 0.96574
22:00 0.97342

サポートをブレイクするかどうか。まずは4Hでの動きを監視。下ひげ陰線確定から4HG2パターンをイメージしてエントリー。レジサポでブレイク失敗→大きく押し返される、という好きな形です。
ストップはラインから10PIP。ラインから30PIP以上の含み益で+10に移動。時間的にキリのいいところで決済です。
ライン配信Aコースでした。
では失礼します。

Aさんのトレード位置記載チャート

ナイストレード!

6時にそこで入って22時のあそこで利確ですか~

けっこうハイレベルなトレードですね。

前回、もしくは前前回のトレードに比べると今回の方が忙しかったかも?と思いました。
私は前回と前前回のトレードスタイルの方が好きですけどね~

ま~それは、その時の相場状況と生活サイクルの噛み合わせで変化するもんですからね~

いつ見てもスナイパーのようなトレード報告ありがとうございます。

本当に素晴らしいです。

« | ホーム | »

このページの先頭へ