FXライン配信とプライスアクションまとめ 1/7~1/11

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

1月 7日  USDJPY : ◎
1月 8日  AUDUSD :-
1月 9日  AUDUSD :-
1月10日  AUDUSD :-
1月11日  USDCHF :-

注目の一週間を振り返り。
===============================

1月7日 ライン配信画像とコメント

FX ドル円ショートで狙う理由は?

先週注目していたサポートゾーンをブレイクしたので今週は確率的にこのゾーンがレジスタンスとして機能する確率が高いと見ている

ですから、今後考えられる候補は以下の3個

A ゾーン付近でWトップ形成

B 108.02サポートブレイク後N字下降

C 107.51付近までブレイク一直線

注目するブレイクラインは、

108.02と107.51の2本

usdjpy-1月7日とその後のチャート

レジスタンスゾーンに反応してWトップ形成から下降Aの動きでした。

プライスアクション分析

usdjpy-プライスアクション分析解説用チャート

どんなプライスアクションが発生したのか?
4Hでは、レジスタンスゾーン上限でWトップ形成
尚且つ、右側では15分でBOX圏形成

これらのプライスアクション発生から15分BOX圏からのブレイクAと
4HWトップネック切りショートBのエントリーが良かったです。

読者からの です。

Nさん

FXB様

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年初トレードです。

仕事の合間でしたのでスマホでエントリーしました。

①ドル円1回め:トレンドラインをブレイクで4時間足が確定したので、そのまま15分足に落とし、はらみ線が完成したので安値切り確定でエントリーもロスカット、-16pips。ライン配信前のエントリーでしたが、ショートの根拠のひとつだったサポートゾーンの見立てがライン配信と同じでしたのでひとつ自信になりました。usdjpy-Nさんのトレード位置記載チャート

②スイス:日足4時間足からショート狙いでした。4時間足ボックス圏ブレイクで4時間足が確定したのでそのまま15分足に落とし、戻りをつけてボックス圏下限と20MAに反発陰線が出たのでエントリー、サポートゾーン上限付近で決済、+37pipsでした。usdchf-Nさんのトレード位置記載チャート

③ドル円2回め:ライン配信のポイントを気にかけつつも、出来るだけ上からショートしたいと考えていたため、4時間足包み線の前のコマ足安値で反応して1時間足コマ足包み線完成、そのまま下げるイメージでエントリーしたもののイメージと違い逆に包み線が完成したので逃げの損切決済、-12pips
最低でもボックス圏ブレイクを待ってからのほうが精神衛生上よかったと反省です。

usdjpy-Nさんのトレード位置記載チャート

結局トータルでは+9pipsでした。

まだまだレベルが低く見えていない部分も多いですが、過去のブログ記事とライン配信動画を活用しての検証を継続していることで確実にレベルアップはしていっている実感があります。

なぜその通貨を選択したのか、なぜショート目線なのか、なぜロング目線なのか、なぜそこでエントリーを決定したのか、なぜそのタイミングでチャート監視しようと思ったのか、自分の見える範囲で細かすぎずでも見落としなく根拠をひとつひとつ踏まえながら検証をすることで、見えなかった部分が見えてきたり、仮にトレード後であっても気づけなかったであろうミスに気づけたり、反省のレベルが向上している実感を得ることが増えてきました。

「FXブレイク」は何年もの様々なケースバイケースをもとに、自分の頭も使わせてくれながら成長させてくれる超有料級ブログだと改めて思います。

これからもよろしくお願いいたします。

ナイストレード!

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

まず、最初のドル円のトレンドライン切りはタイミング取りであって、根拠にはならないということです。

私にとっては、トレンドラインの使い方はタイミングを計る為の物。つまり、それ以外の根拠が十分にあって最終的にどこでエントリーするのかを計る為にトレンドラインを使うということです。

Nさんのレベル的には高い方だと自信を持って良いと思います。狙いも悪く無いし、分析もそれなりに適性路線を行ってます。

もう1皮~2皮剥ければ十分に勝ち組レベルだと思います。

成長の方向性としては間違ってないのでこのまま頑張ってください。

1月8日 ライン配信画像とコメント

FX 講座-豪ドル ショート狙う理由を大局から解説

ショートの候補として考えられる道筋は大きく分けて3個

A 1H押し安値ブレイク

B 1H押し安値ブレイク後のN字

C 0.7200付近までプルバック

注目するラインは、

1H押し安値ライン と 0.7164付近

大局から見てH&Sパターンのネックライン付近に到達

このレジスタンス付近から折り返す可能性が高いと見ている

だから、ショート狙い

audusd-1月8日とその後のチャート結果はゾーン上限0.7200をブレイク
見立て違いの動きでした。

読者からの です。

Nさん

FXB様

お世話になっております。
いつもライン配信ありがとうございます。

今日も仕事でスマホエントリーでした。

今日は2敗して終了でした。

朝パソコンで環境認識して通貨選定し、
スマホチャートにラインを同じく引いてやっていますが、
まだまだ環境認識が甘いのでさらに精度を高められるよう検証していこうと思います。

あとは、オーバートレード気味なのでさらに絞り込んでいこうと思います。

FXB様のレベルへの道はまだまだ険しいです。

①オージー
1時間足の押し安値を15分足でダウを切り下げてブレイクしたところでエントリーしましたがロスカットでした。
-15pipsでした。

②ドル円
1時間足のトレンドラインを15分足でダウを切り下げてブレイクしたところでエントリー、オージー同様ロスカットでした。
-18pipsでした。

ブログでアドバイスいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

オージーについて

audusd-Nさんのトレード位置記載チャート

これは、単なる騙しです。

騙しに引っかからないようにするには、N字3波狙いが良いと思います。

N字3波狙い解説図

ドル円について

usdjpy-Nさんのトレード位置記載チャート

これは7日でも述べたように単なるトレンドライン切りは明確な根拠にならないという理由から見送るべきトレードだと思います。

環境認識から言ってもショートするにはちょっと早いのでは?と思います。

usdjpy-解説図

安全にいくのならせめて上図の青ラインを切るまではショートしない方が懸命だと思います。

昔からの読者さんも含めて、あなたなら私の言っていることの意味が分かると思うので、言ってみました。

1月9日 ライン配信画像とコメント

FX 豪ドル ショートの攻め方

昨日に引き続き、このレジスタンス付近から折り返す可能性が高いと見ている
だから、以下のAとB付近でのプライスアクション発生からのショート狙い

候補として以下の2個

A 0.7200付近

B 0.7164付近

audusd-1月8日とその後のチャートその後はゾーン上限0.7200をブレイク
見立て違いの動きでした。

USDCHF トレード

usdchf-1月9日トレード位置記載チャート

+60pip

ライン配信には記載忘れしてしまったが、youtube の方では解説済みでした。 けっこう気持ちよく取れた快心のトレードでした。

読者からの です。

HAさん

今週はドル円とドルスイスの2回トレードでした。
ちょうど自分が見ていた通貨ペアがライン配信で流れたので、そんな時はちょっと嬉しく思います。(トレードとは関係なく)
チャートの読み方が深く読めるように、学習を続けていきます。
いつもライン配信、動画と文章で本当に至れり尽くせりでありがとうございます。
Nさんもメールに書かれてあったように、
先生の講座は無料でありながら自分の頭を使わせてくれながら成長させてくれる超有料級です。
ありがとうございます!

usdchf-HAさんトレード位置記載チャートナイストレード!

ほぼ私と同じトレードでしたね。環境認識も合ってますよ。大丈夫です。
かなり成長している感が伝わってきました。とにかく、今後も焦らずにじっくりいけば右肩上がり調子になります。

1月10日  ライン配信画像とコメント

FX-狙った通貨が思い通りに動かなかった場合の対処法

audusd-1月8日とその後のチャートAUDUSDは見立て違いの動きなのでエントリー無し

gbpusd-1月10日とその後のチャートブレイクするにはしたが、値が伸びなかった。

GBPUSD トレード

-10pip

ブレイク後、素直に値が伸びなかったのでロスカットでした。

1月11日  ライン配信画像とコメント

FX スイス ショート狙う理由を解説

usdchf-1月9日とその後のチャートまだ、はっきりしない様子でした。来週も引き続き要監視。

読者からの です。

Nさん

FXB様

お世話になっております。

無限FX pro、すごいです、めちゃくちゃ目からウロコです。

基本的な知識はあるので前半は知識の再確認でしたが、ゾーンの引き方や、エントリーまでの考え方がすでに感動ものです。

昨日は朝方までライン引きをやりまくり、仕事中も合間をぬってはPDF読んでいます。

まずは記述されているラインを無意識レベルで直感的に引けるようになってから余計なラインは削除していくという学習の流れで考えているのでチャートのラインの量がハンパじゃないことになってはおりますが(苦笑)、
ガンガン引いて体に染み込ませていこうと思います。

あとは、今朝ドル円ショートして負けたのですが、今だったら絶対にエントリーしなかったと思えます。
これからは振り返りの精度も大きく向上すると確信しています。

夜、帰宅して画像をまとめたらまたトレード報告いたします。

お世話になっております。今日のトレード報告です。今日は3戦3敗でした。

①ドル円ショート
待っていたラインからショート狙いでした。
疑問点でもあり悩みでもあるのが、
最低でも15分足ではアップトレンド崩壊かダウントレンド開始まで待ったほうがよいとは思うのですが、その場合、ストップ幅が大きくなり、狙える利確幅は小さくなるため早めのエントリーになりがちなところです。
あとは、朝イチでいい位置に来ていたのでエントリーしましたが、やはり欧州やNYまで待つべきだったか、というところです。
usdjpy-1月11日Nさんのトレード位置記載チャート東京時間のトレードになるので早めの利確が良かったと思います。

②スイスショート
ライン配信と同じ根拠でショートを狙っていました。
日足レベルでショートと判断し、戻りの時点で4時間足戻り高値を上抜けて4時間足レベルではダウントレンドが崩壊していた場合、1時間足レベルで押し安値を切るか、ダウントレンド開始まで待つべきかという疑問があります。
また、欧州開場30分前のエントリーでしたので、①同様、欧州開場以降まで待つべきだったか、というところも疑問です。
usdchf-Nさんのトレード位置記載チャートこれは積極的すぎます。

③ユーロロング
昨日、日足レベルでボックス圏を上にブレイクしたのでロング狙いでした。
1時間足のボックス圏ブレイクでエントリーしましたが、上ヒゲをつけていたのは不安要素と見て様子見がベターだったのか、そもそも見立てが違うのかが疑問です。
あとは、SL/TPを決める基準としたブレイクラインについても少し迷いました。eurusd-Nさんのトレード位置記載チャートyoutubeを参考にしてください。

またブログでアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

今までの投稿も含めて全体的にチャンスでないケースでもチャンスに見えてしまう傾向があります。

つまり、心の中の トレードしたい! 今日もトレードしたい! 明日もトレードしたい! という情熱が強すぎて情熱のあまりその熱で冷静さを失いノーチャンス場面さえも絶好のチャンスに見えてしまっている感が物凄く伝わってきます。

トレードに情熱は大事です。しかし、実際の現場ではもっと冷静に見るという冷静さがもっと大事です。 そのような意味ではトレードの問題よりメンタルから見直した方が良いと思います。

相場は逃げも隠れもしません。チャンスはいくらでも沢山あります。今後も、うんざりするほど沢山あります。 そのうんざりするほどの中で気に入った所だけを厳選していく位のつもりで丁度良いです。

美女集団写真毎日、こんなにも

美女集団写真次の日もこんなにも、美女ばっかり来たら、うんざりしませんか?
しかし、その中で自分好みのチャート(美女)だけを相手にするのがチャートとの上手い付き合い方です。