こんにちは、FXBです。今日は、ライン配信を受けるにおいて、最低限これだけは知っといておいた方がいいという予備知識、最低知識について解説していきたいと思います。

日足のトレンドを一番最優先に考える

日足のトレンドを一番最優先に考える

先日2019年7月19日に、カナダのライン配信にこういったような画像を送りました。

ABCと書いてありますが、基本的にはダウントレンドでショート目線ですよと。

ショート目線なので、もし戻しが入った場合戻り売りの方法としては、Aの辺、もしくは浅めであればBの辺からの戻り売りのチャンスを待ちましょうと。

もし直接ブレイクした場合は1.3017、ここにサポートブレイクした場合はショートを検討してみましょうということなんですね。

基本的にはショート目線なのですが、じゃあなんでショート目線かというと、それはですね、基本的には7月19日時点のカナダの日足がダウントレンドだからです。

場合によってはもちろん週足、もしくは月足のトレンドの同じ方向にトレードするということもありますが、基本的にはほぼ日足のトレンドの方向と同じ方向にトレードすることが多いです。

もちろん4時間のトレンド、1時間のトレンド、15分のトレンド、全部トレンドの方向が上なら上、下なら下というふうにそろっていればいいですけど、いつもそろっているとは限らないです。

じゃあそういうときにどのトレンドを一番最優先に考えるかというと、私の場合は日足です。

日足のトレンドを一番軸に据えて、そちらの方向にトレードするということです。

 

日足を一番最優先にする理由

動画 2:25〜

 

なぜかというと、例えば1時間のローソク足一本につまっている金額と、日足一本につまっている金額とは、全然資金量が違うのですね。

つまり簡単に言えば、1時間足一本に1万円の金額が詰まっている場合、単純計算でいけば4時間だと4倍の4万円分入っていると。

1日24時間だと単純に言うと24万円分の資金が入っているのですね。

例えば、日足の24万円分のローソク足の資金と、1時間1万円分の資金が衝突した場合、どっちが勝つかというと当然日足の資金の方が勝つに決まっていますし、4時間で対決した場合も日足が勝つに決まっています。

やっぱり、大口としたマーケットメーカーが見ているのは、1時間とか4時間のトレンドより日足、週足、月足のトレンドを重視して彼らは日足以上のトレンドを見てるいんですね。

ですから私たちがいくら「1時間が好きだとか大事だ」とか「4時間が好きだ大事だ」と言っても、所詮日足のトレンドにはなかなか1時間4時間のトレンドでは太刀打ちできないです。

ですから多少戻しが入ったとしても日足のトレンドの方向にトレードした方が勝てる確率が高いということなのです。

 

実例:

2019年7月22日のトレードで検証

動画 4:41〜

 

今日7月22日ですね。7月22日もNZですね。NZがですね、ロング狙いだと。

なんでロング狙いかというとですね、4時間とか1時間がアップトレンドとかいうことも大事な理由なんですけど、一番大事なのはやっぱり日足です。

日足のトレンドがここです。7月17日の終値でアップトレンド発生ラインを越えて、ブレイク成功したと。

なのでここから日足のアップトレンドが発生したので、18日以降はロング狙いで、下手にショート狙わない。ロング狙いで攻めていくということで、今日7月22日のライン配信はこのようにロング狙いとなります。

多少プルバック戻しが入ったとしても押し目からの対応、チャンスがあれば向かっていき、あくまでも方向としてはロング狙いということです。

各レジサポラインの解説

レジサポラインの解説

動画6:03〜

 

ラインいろいろ引いてあると思いますが、基本的に月足、今現在7月なので先月の高値、6月半ばに月足の先月高値のラインを引いてあります。

月足のラインは、基本的に色は黄土色で引いています。次に週足、週足は先週のこれ高値なんですけど、週足はピンクの波線、月足も波線なんですけど、週足はピンク、ピンク系の色で引いています。

日足以下、日足とか4時間、1時間はブルー系のラインで引いています。

ここが日足アップトレンド発生するかどうかというライン。

これはブルーのラインで引いてあって、4時間の押し安値はここで見ているので、この日足以下は全部ブルー系なので、この4時間の押し安値はここで見ていますよ。

あと1時間ですね。1時間は押し安値ここで見ていますよ。だから1時間の押し安値とか、4時間の押し安値とか1時間4時間のレジサポとか、日足のラインというのは基本的にはブルー系で引いてあります。

あとゾーンですね。ゾーンも基本的には日足以上、日足、週足、月足でゾーンを引いています。でも、たいがい日足のゾーンを引くことが多いと思います。

実例2:日足のトレンドを重要視する理由

日足のトレンドを重要視する理由

動画 8:20〜

 

なぜ日足のトレンドを重要視するか、いい例があるので紹介したいと思います。

2019年6月18日と19日で、このあつみ線ここでゾーンが引けるんです。

日足はというと、日足のトレンドはここの押し安値が2019年3月20日の安値を日足押し安値として見ると、2019年6月20日ここ終値確定した時点でダウントレンド発生だと、日足で。

その時の戻り高値ってここなんですね。だからここを上抜けしない限りは基本的にはショートで攻めていくというふうに考えます。

そのうえで4時間とかでみると、4時間は当然アップトレンド発生ですね。ここの部分で見ると4時間はアップトレンド発生なんですよ。

1時間も同じところを見ると、アップトレンド発生なんですね。ここからずっと昇ってきて。

でも、この辺というのは、わかりやすくマーカー塗ると、日足で見ると、ここのレジスタンスの下限付近まで若干届かなかったですけど、戻り売りの候補としては、売るポイントとしては絶好の結構いい売り場なんですね。

ライン配信解説画像

動画 11:00〜

 

そこに対して例えば1時間で見るとどうなっているかというと、この辺なんですけど1時間の押し安値はここで見てました。

そうすると1時間の押し安値を切ってそれまでずっとアップトレンド継続してきたのが、ここにきて初めて1時間のアップトレンドが崩壊したと。

崩壊しただけならまだよかったけど、その後この足でダウントレンド発生しているんです。

ということは、日足がダウントレンドなので、1時間がここでダウントレンド発生したというと、結構ここいい売り場となる。

逆に言うと1時間の押し安値切ったところ、ちょっと偏見ですけどボックス圏、もしくはH&Sとしてはあまり形が良くないけど、ボックス圏ブレイクしたと同時に、1時間押し安値切って、1時間のアップトレンド崩壊したとこなんです。

ここというのは結構いい売り場じゃないかなと。

ライン配信解説画像

動画12:15〜

 

次に1時間のダウントレンド発生したところ、ここもいい売り場じゃないかなと。

4時間は当然アップトレンドなんですけど、ここにきて初めて4時間押し安値を切っているというようなことなので、4時間押し安値切ってからでもショートをもちろん狙ってもいいんです。

だけど、通常1時間とか4時間がアップトレンドだとなかなかショートは打ちにくいと、難しい、逆張りじゃないかというふうに考える方が多いかと思うんです。

確かに1時間4時間でいくと。ここのショートというのは1時間4時間のトレンドに対しては逆張りですけど、日足のダウントレンドに対してはここからのショートは順張りなんですね。

だから1時間4時間の順張りトレードを狙うよりは、日足の順張りトレードを狙う方が実は結構うまみがある、おいしいところが多いということなんですね。

マーケットメーカーも実は、こういう日足のトレンドの方向に沿った方向に勝負を仕掛けてくることが多いので、我々もマーケットメーカーの流れにうまいこと乗った方が利益が出やすいという観点から考えると、やっぱりどうしても1時間4時間のトレンドが逆張りであっても、日足トレンド順張りで攻めていった方がいいという風に考えることができます。

さっきの1時間押し安値切ったところ、ここはちょっと難しいな、怖いなと思ったら1時間ダウントレンド発生したところでもいいです。

もしくは、1時間ダウントレンド発生ラインのところにこういったラインを引くと、1時間ダウントレンド発生してから見事にそこのラインまできれいにプルバックして、そこからきれいに下がっていっていると。

1時間ダウントレンド発生後のきれいなN字という意味においてはここは絶好のいい売り場なんですね。

 

実は結構ローリスクでハイリターンなポイント

よくトレードの中で、なるべく天井から入りたい、天則から入りたいという方いるかもしれません。

でも、そういった方は1時間4時間トレンド逆張りであっても、日足トレード順張りのところ、ようは日足を見て比較的戻しが結構深めというか強めなんですね、日足でいうところの。

だからこういう戻しが深めのところからのショートというのは、実は結構ローリスクでハイリターンのポイントなんです。

だから私はどっちかというとそういうところが好きで、結構こういうところからのショートを狙っていくことが多いですけど。

実は結構ローリスクでハイリターンなポイント

動画 15:51〜

 

だからこの辺で、1時間押し安値切ったところとか、1時間ダウントレンド発生したところからのショートを見送っちゃった、うまいこと入れんかったという人は、こういう1時間ダウントレンド発生ラインに対してからの、プルバックからのショート狙いという感じのところを狙っていくといいかなと思います。

4時間で見ても、ここで押し安値切って4時間のダウントレンド発生というと、この辺なんですね。ここからなんですね。

そうすると4時間ダウントレンド発生、たぶんここも1時間ダウントレンド発生もすでにしているんですけど、日足、1時間、4時間すべてのトレンドが揃ったところというのは確かに固いんですけど、条件的には固いんですけど、値幅というとあんまりたくさん取れないんですよね。

だから1時間4時間のトレンドを確かに見ることは大事ですけど、あくまでもメインは日足のトレンドを見ていくと。

日足のトレンドに沿ってトレードする方が、やっぱりローリスク・ハイリターンが場所によってはそういったトレードが可能になるので、必ずというかなるべく日足、ケースによっては週足日足のトレード方法という場合もあります。

けれど、基本的にはライン配信の多くは日足のトレンドの方向に沿ったトレードをすること、もしくは、そちらの方向へのトレードを促している、推奨していることも多いので、ライン配信を見る際には必ずその通貨の日足のトレンドが、私がロング狙いと上向き狙いという場合は、「たぶんこれ日足のトレンドが上向きなんだな。だからロング狙いだな。こういうプルバックが書いてある場合は、押し目買いの候補としてこういうとこがあるんだな」と考えてください。

ライン配信解説画像

動画 18:32〜

 

逆にショートの場合は、「こういう矢印が書いてあるようであれば、プルバック入ってからの戻り売り候補が書いてあるんだな」と、でも方向としてはショート目線なんだなと考える。

ショート目線ということは日足のトレンドが下向きなんだなという風に見てもらえれば、よっぽど皆さんのお役に立てるんじゃないかなというふうに思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

今日は以上です。