FXライン配信とチャート分析まとめ 10/28日~11/1日

(ライン配信内容に対して、どう動いたのか以下4段階で評価。
◎:60PIPSの動き、○:30PIPS程度、△:ライン違い、-:動きなし)

10月28日 様子見
10月29日 NZDUSD 〇
10月30日 AUDUSD 〇
10月31日 AUDUSD 〇
11月 1日 EURUSD - EURJPY -  USDJPY -

 

米国の雇用統計当日の注目通貨は、EURUSD,USDJPY,EURJPY,

EURUSDは、1.1178レジスタンスを監視

EURUSDは目先の1.1178レジスタンスを監視

確率としては以下の3個が考えられる。

A 1.1178レジスタンスブレイク
B 1.1178レジスタンスブレイク失敗の動き
C 現在位置からほぼ急降下

 

EURUSD ,その後

eurusd-その後のチャート

雇用統計発表で一旦はCの動きで下降したが、ブレイクラインBで足止め。

ここから反発上昇の動きでした。

この動きからテクニカル的に推測すると現時点では以外とレジスタンスの方が強い印象を受けます。

 

EURJPYは、BOX圏ブレイク狙い

EURJPYは、BOX圏ブレイク狙いだが、ユーロとドル円のどっちについていくかで方向が決まる。

EURJPY ,その後

eurjpy

EURJPYは、ブレイク不発でした。

 

USDJPYは、戻り売り狙い

ドル円はショート狙い。

A 前日の安値サポートブレイク
B 108.24からの戻り売り狙い
C 108.37からの戻り売り狙い

USDJPY、 その後

usdjpy-その後のチャート

108.24レジスタンスで4H足ではらみ線完成。

確率から見ると、この位置からは来週は下げる確率の方が高いと判断出来ます。

USDJPY トレード

usdjpy-エントリー位置記載チャート

108.24レジスタンスで1Hのコマ足包み線完成(プライスアクション発生)でエントリー。

値が伸びなかったのでオーバーナイト。来週に期待。