GBPUSDエントリー位置記載チャート

-10pip

注目していたラインでN字波になりかけていたのでロングだったが、

N字波ロング解説図

その後、以外にもWトップネック切り+N字波で失速してきたのでロスカット。

Wトップ解説図

しかし、上げの局面Aではラインに対して綺麗なN字波。

天井圏Bではラインに対して綺麗なWトップ。

下げ局面Cではこれもまた綺麗なN字波下降。

それぞれのラインで綺麗なプライスアクション発生の場面でした。プライスアクション解説図

これらのパターン発生を監視することにより、B局面のWトップネック切りで一旦上昇力が弱まったことが分かり、C局面のN字波発生により下げ方向に動き出す確率が高くなったことが分かると思います。