GBPUSD 1.3337ブレイク失敗。 | FXブレイク

GBPUSD 1.3337ブレイク失敗。

GBPUSDエントリー位置記載チャート

-10pip

GBPUSDの1.3337ラインをブレイク確認後のN字波ロングだったが、ロスカット。

やはり、上のギャップゾーンが効いているのか。

こんなところにGAPゾーンがあるとトレードしにくいな~

 

読者からの です。

Yさん

 

FXB様

北海道のYです。

まさかブログで紹介されるとは思わず、USDJPYのブレイク成功の部分だけ見て記事を閉じてしまっていました。(苦笑)

コメントいただきありがとうございます。

マニュアル通りにチェックすべきポイントをチェックし、チャートパターンの認識、健康状態の判断とライン設定が正しければ、きっちり60pips取れる確信が更に強くなりました。

今後は、狙いすましたトレードをしっかりと続けていきます。

早速ですが、今回のトレードで一つだけ、判断に迷った点がありますので、質問させて下さい。

> > > ■4時間足
> 20MA↓ 50MA↓ 100MA↓ ショート目線設定
> Wトップ、ネックライン0.9875
> サポート 0.98455

この日足50MAについて、エントリの障害になるかだけ、やや判断に迷いました。

MAはあくまで補助的なもので、強いのはレジサポ

・50MAで反転して10pips戻ってストップの可能性はある。
・その場合はストップで仕方ないが、
・H4できれいなWトップのチャートパターンが出ているし
・日足の50MAでは多少もみ合うものの
・プルバックが入ったとしても余り大きくなく
・むしろネックラインに近い(18pipsしかない)こともあって、
・ラインブレイクした勢いで抜ける可能性が高いだろう。

とシナリオを描いており、実際、今回23:30~23:45の15分足と
それ以降で、想定したシナリオ通りの値動きになったのですが、
上記判断で間違い無かったでしょうか?

MAの判断について、是非FXBさんの見解をお聞かせ下さい!

以上、よろしくお願いいたします。

 

その判断でいいですよ。

Yさんの言う通り強いのはサポレジでMAは補助であり、どのサポレジに対してのトレードをするのか。

そして、その時のMAの状態は悪い通貨より良い通貨を選んだ方がベターということです。

 

Sさん

突然のメール失礼致します。
Sと申します。

11月27日(月)のEURUSDのエントリーでのダメだったところをご指摘してほしくメールさせて頂きました。

健康状態良好でロングエントリーを考えておりました。

そこで1.19436のラインブレイクしてからのN字で入りました。

しかし1.19436のラインで反発しないでそのまま下がってしまい、ロスカットしてしまいました。
時間は日本時間17時40分です。

申し訳ございませんが、ご指摘お願い致します。

Sさんエントリー位置記載チャート

多分、矢印の位置からロングしたと思われます。

しかし、長期でよく見ると2017年9月22日と9月25日のGAPゾーンがあり、これがレジスタンとして機能してしまったのではないか? というのが私の意見です。

ですから、今回の健康状態は良かったのですが、GAPゾーンを見落としてしまったのが敗因ではないかと思います。

ユーロGASPゾーン記載チャート


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ