ポンド1.3337ライン | FXブレイク

ポンド1.3337ライン

GBPUSDチャート

ポンドはブレイク不発だったので見送りでした。

その後、NY時間午後にブレイクしたようですが。

チャートを見ると、グレーのサポート割れからショートを打った人達が多かったのではないかと思われます。

オレンジ矢印の値幅帯で売っている人達がその後の急上昇を見て一気に買い戻しに走った結果急上昇。

特に赤丸付近はロスカットが集中していたのではないだろうか。

私はライン配信映像の中で言ったはずです。

レジスタンスから跳ね返されてもショートはしない!

あくまでも、ロング狙いだと。

人の意見を参考にしないで目先の欲望に走ったトレードをするとどうなるのか?

今回はその良い例だと思います。

前々から私はブログ上でも言ってますが、慌てる乞食はもらいが少ない。

もらいが少ないだけならまだマシですが、トレードにおいては損失に繋がってしまうケースも少なくありません。

トレードは必ずトレード計画に基づいたトレードをする必要があり、ぶれない自分を作る必要があるということです。

 

読者からの です。

Yさん

初めまして。
Yと申します。

いつも配信とブログを参考にさせていただいております。
有難うございます。

質問があります。

今日の配信や昨日のブログ記事にある
ギャップゾーンとは何ですか?

よろしくお願いします。

Y

窓のことです。

9月29日の終値と10月2日始値に出来た空間のことをGAPまたは窓と呼びます。

GAP解説用チャート


レジスタンス、サポートラインが「正しく」引ける様になると、勝てる自信を持ったトレードが出来る様になります。この配信では日頃私が引いているラインを配信しています。

姓: 名:
メールアドレス:
« | ホーム | »

このページの先頭へ