USDCHF それぞれのサポレジと0.9949ラインを監視

0.9949ラインではなく、もう一段上の0.9967ラインで反応した様子。
このライン付近でコマ足出現後、下落の流れでした。

USDCHF5月23日当日とその後のチャート

USDCHF 0.9967ラインでプライスアクション分析

0.9967ラインに対して4Hではコマ足陰線を形成し隣の大陽線との組み合わせでは、はらみ線完成。
そして、この4Hコマ足は15分足で見るとH&Sを形成。

二つの時間軸でプライスアクション発生!

エントリーポイントとしては、15分H&Sのネックライン切り。
このラインが丁度、4Hコマ足の安値になっているのでコマ足安値切りという意味合いも合わせ持つ。

このように異なる時間軸で両面から分析することをマルチタイムフレーム分析と言う。

USDCHF 0.9967ラインでプライスアクション発生チャート

マルチタイムフレーム分析の意味解説映像です。