NZDUSD, プルバック候補0.6817ライン監視。 | FXブレイク

NZDUSD, プルバック候補0.6817ライン監視。

NZDUSD, プルバック候補0.6817ライン監視。

どちかといえば横ばいの動きでエントリーチャンスも無かったようです。

nzdusd6月29日とその後のチャート

USDCADエントリー位置記載チャート

+60pip

カナダが経済指標発表で急落の動きだったので若干遅れ気味だったがショートエントリー。 その後利確成功。

日足のトレンドから見れば逆張りなのであまり好ましいトレードタイプではなかったが、
けっこう堅そうな条件だったのでエントリーでした。

usdcad-トレンド解説図

理由については、映像の中で解説。

 

読者からの です。

Aさん

トレード報告です。
6月26日GBPUSDショートです。

21:00 1.32210
07:00 1.31100

ダウントレンド継続中のポンド。
4Hでのプライスアクション監視中に、
Wトップになりそうな雰囲気。
狙うのは、ネックラインから先週の安値少し手前まで。

本来であれば、短期足でエントリーポイントを絞り込みですが、
時間がないのでネックラインブレイクでイン。
ストップは深めなので、ロットは少なく。
解説動画のとうり、
プルバックがもっと入ってもおかしくない点に注意しつつ。

注文成立後、なかなか落ちませんでしたが、
結局サポートまで届く動きでした。
ライン配信Bコースでした。
 
では、失礼します。

Aさんのトレードチャート

ナイストレード!

相変わらず素晴らしいトレードです。
やっぱり、去年とはトレードスタイルが変わった印象です。
本人に変わったと聞けば、多分あまり変わったつもりはないけど、多少タイムフレームの使い方が変わったかもしれないな~ なんて言うかも。

私も勉強になります。 ありがとうございました。

 

最近出没のAさん

FXB先生

お世話になっております。ブログ、メルマガの購読と、4月~5月のラインの引き方講座を受講させていただいた者です。最近、動画とブログで前回の配信内容に対する復習が多く含まれるようになり、見ていて時系列が繋がりやすく理解しやすくなりました。ありがとうございます。

他の読者さんの中には、トレード結果の報告を報告している方もいらっしゃるようですので、便乗して報告させていただきます。もちろん何かの講座中ではありませんので、ご迷惑でしたら無視してください。

先日6月27日、EURUSDでのトレード

4時間足でH&Sが出たので下記のように環境確認しました。
ゾーン下限兼直近安値1.15534、直近ブレイクライン1.1616監視。

4時間足:トレンド無
前週高値を肩、日足ブレイクラインを頭にしてH&S。H&Sネックライン候補がH4押し安値と前日安値と月足ブレイクライン1.1616の3つなので、一番上の時間軸で外側の1.1616を選択。
前週始値は何度もローソク足本体が往復しているので、4時間では意識はされていない。

1時間足:ダウントレンド。目立つパターン無し

総合判断
1時間でダウントレンド。4時間足H&Sネックライン1.1616。
ゾーン下限1.15534は何度も戻されているのでその前で利確目標。

ゾーン下限ブレイクは狙うならN字で。

結果
15分足15:30(MT4時間)のコマ足安値を次の足でブレイクしたので、終値確定時(15:45)1.1596でショートエントリー、1.1616から60pips目標で無事1.1556Close(実質利益40Pips)

途中、STOPは最初はライン+10pipsの1.1626、ラインから現在値が-30pipsになった所で建値へ、その後は15分で直近のレジスタンスが移動するたび1.15899→1.15747と移動。

反省点
15:45(MT4時間)のコマ足安を切ったローソク足確定を待っていたため遅い。
環境確認に自信があるなら、前のコマ足安値切りの瞬間でもエントリーできた。

このように、今回は最初のストップ位置がエントリーから遠かったため、建値に移動するまでは心臓に悪い時間を過ごしました。
エントリーポイントを遅めにしたのはまだ環境認識に自信が持てない点があります。
環境認識に見落としているリスクや、そもそも間違えているなどありますでしょうか。

Aさんトレードチャート

ナイストレード!

これだけいいとトレードが出切れば大丈夫ですよ。
心配ないです。

トレンドも合っていてトレンド方向へのトレードでナイスです。

« | ホーム | »

このページの先頭へ