USDCADエントリーポイント記載チャート

-10pip

USDCADの注目していた1.2655サポートをブレイクしたのでエントリーだったが、戻りが深めでロスカット。

USDCAD解説用チャート

再度入り直すのであれば黒矢印が良いと思います。

 

読者からの です。

Hさん

FXB様
お忙しい中いつもお返事をくださりありがとうございます。

今回は自分でトレードしてみたところがありますので見ていただけないでしょうか。
2月20日のポンドドルですが、日足ではアップトレンドと判断していたため、レートは下がっていましたが反転してロングできるところを待っていました。
この見方は正しかったでしょうか?

その後17:00くらいにレートが1.39300くらいで反転してきましたので一時間足を見てロングできると思ってエントリーしました。こういう見方でよかったでしょうか?

結果上昇しましたがこういう時のエントリーの仕方を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。
あとユーロも同じ目線でロングで待っていましたが上昇しませんでした。
ユーロの見方はロングでよろしいでしょうか。

2月20日GBPUSDチャート

2月20日のポンドですが、この日のポンドは難しかったと思います。
目線はロングで良かったですが、1.3930付近からのロングは危なっかしいロングだと思います。 理由は明確なサポートが無いからです。

私はその付近のサポートは効力が薄いと判断してこの日のポンドには注目していませんでした。

ですから、目線は合っていてもトレードの対象通貨にはならなかったということです。

ユーロもロング目線ですが、サポートが無ければ闇雲にロングはしないです。

 

Tさん

お世話になっております。

いつもブログを楽しみにしてます。
お陰様でレジサポラインが少しずつ分かってきて、ライン配信と一致する様になってきて有難いです。ただゾーンの引き方が今ひとつ理解出来ません。ネットで色々調べるとそれぞれ考え方が違う様に思います。fxb先生がどんな根拠でゾーンを考えられるのか教えていただければ有難いのですが…厚かましお願いで申し訳ありませんがよろしくお願いします!

基本的にはコマ足包み線の出来たところに引きます。
コマ足包み線が出来ていないのに無理に引く必要はないです。

レジスタンスゾーンに引いた場合の例

レジスタンスゾーンの例

サポートゾーンに引いた場合の例

サポートゾーンの例

 

Nさん

FXB様

また今月からの新参者ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
早速ですが自分なりにトレードをしてみましたので初レポートを送らせていただきます。これまでインジケーターの活用が多かったのですが、ラインとパターンでトレードしていくこの手法は大変勉強になります。頑張って過去ブログすべて読みます!

また二つ質問があります。

1. レジサポの寿命
WB, WTのケースで、前日反発したところを当日もう一度試しに行くケースがあると思います。
もう一度トライしに来るということはその方向への勢いがある程度強いと思いますが、そこでまた前日を繰り返すようなプライスアクションが起きた場合、あまり気にせずチャートパターンを信じトレードしても良いでしょうか。(相場状況によると思いますが)

2. グランビル
これは有料の内容なのかもしれませんが、FXB様は3本のMAを表記されていますが、G2ポイントをどのように判断されていますか?
MAが1本ならシンプルで分かりますが、3本表記されていますので、ゴールデンクロス/デッドクロス、すべてのMAに対して上抜け/下抜け等どの点に注目
されているか教えていただけましたら幸いです。ちょうど2月22日17:00頃 USDJPYの15分足でG2ポイント(売)を迎えました。4時間足で
ダブルトップを形成したところだったので、自分はショートエントリーしました。

お手すきの時にお返事をいただけましたら幸いです。

2月22日ドル円チャート解説図

ナイストレード!

1番については具体的な例がないのではっきりとしたことは言えませんが、ここでざっくり言えることはトレンド方向へのプライスアクションが起こったケースではエントリーOKだと思います。

2番のグランビルについては、FXBの手法公開補足 で確認してください。

MAの使い方はNさんの言う使い方もありますが、総合判断なので一概に決まった形ではありませんが、基本的な見方はNさんの使い方でOKです。

2月22日のドル円ショートは4HのWトップ完成後のN字波で下がってくる最高に綺麗なプライスアクションがまさに起こりそうな場面で文句無しです。

 

Tさん

お世話になっております。Tです。

2/21のUSD/JPYでFXB先生の見立てでは、ショート狙いになっています。
確かに日足ではショートですが、4時間足以下ではラス戻りを上抜けており、ロングになるのでは?と思うのですが、なぜショート狙いなのかをご教授いただけましたら幸いです。 以上、よろしくお願いいたします。

 

木を見て森を見ず

この言葉の意味知ってますか?

ドル円チャート

1月5日から下降の最中です。 どう見てもアップトレンドには見えませんよね。
だから、ロングは考えていません。
トレードの成功の秘訣はトレンドと友達になることです。

戻りを待ってショートの方がどう考えても効率がいいと思います。

トレンド解説図