USDJPY、 まずは、105.28レジスタンスが第一関門。

ドル円はWボトムのネックライン105.28レジスタンスを突破するか、反転するのかが、焦点だったが、突破成功した様子。

あとは、どこのレジスタンスで反転するのか? が分かればショートのチャンス到来だと思っていたが現状ではBなのか?Cなのか?まだはっきりしない様子。

3月26日当日とその後のUSDJPYチャート

だから、今日はトレード無しでした。