USDJPY, それぞれのサポートでのプライスアクション監視

ドル円は110円サポートをブレイク後Wボトムを形成。
そのWボトムネックをブレイクして更に上昇成功。

USDJPY 5月17日当日とその後のチャート

ドル円のプライスアクション分析

ドル円は110.0円のブレイクラインをブレイク後セオリー通りにブレイクラインでN字波上昇に成功。細かいことを言えばN+Wの上昇と言った方が正しい。

ドル円4HN字波解説チャート

更にWボトムネックを15分チャートで見ると多少オーバーシュートはしているが、ブレイク後にN字波で上昇。

Wボトムネック解説用チャート

15分足でトレンドラインを引いて5分足でトレンドラインを抜けたAかまたは、その後の5分足レベルの小さなN字波Bあたりがエントリーポイント

15分足トレンドラインチャート ドル円タイミング説明用チャート

まとめ

今回の流れを順番にまとめると下記のようになる。

4Hで110.0ラインでのN字波+Wボトムで上昇。

4HのWボトムネックラインブレイク後15分足でN字波上昇

15分チャートサポレジラインで同じ15分でN字波上昇

このように一連の流れでプライスアクションが発生。

このプライスアクションが分かるようになれば自ずとエントリーポイントも分かるようになります。 今後はそのような視点でチャートを見てみましょう。