こんにちは、FXBです。

FXをしていく上でチャートのパターンを知っておくとはとても重要です。チャートパターンを知っておくことにより、正確な予想を立て、大きな利益を得ることができるようになります。

FXのチャートパターンは数多く存在します。FXを本業にして稼いでいくなら、全部覚えて、いつでも自由自在に使えるようにしておくことです。

ですが、FXを始めたばかりでアレもコレも覚えていくのはとても大変です。覚えることが多すぎると、FXを必要以上に難しく思ってしまう原因にもなります。

まずは絶対に押さえておきたい2つのチャートパターンを覚えて、深く使い込んでいきましょう。

チャートパターンはただ知るだけでなく、使い込むごとに発見や理解が増えていきます。そして、徐々にあなただけの「FXで利益をつかみ取るための武器」に変わっていきます。

FXのチャートパターンを知っておくだけでも、FXで稼ぐことは十分に可能です。ぜひ、この記事でチャートパターンを覚えてくださいね。

そもそもチャートパターンとはなにか

チャートパターンは、FXのチャート画面に現れる図形です。チャートパターンが現れたあとは、値動きが予想通りの結果になりやすいのが特徴です。

つまり、チャートパターンを利用すれば、FXの勝率を高めることが出来るという訳です。このことから、FXの勝率を高めるための一つの方法として、多くの人に利用されています。

FXのチャートはローソク足というローソクに見える棒で、通貨の価格が過去、どう動いていたのかを表しています。このローソク足が特定の図形になることで、チャートパターンと呼ばれるパターンを見ることができます。

なぜチャートパターンを知る必要があるのか

FXは当たるか外れるかの運を試すゲームではありません。運に頼らずに稼いでいくためには、チャートパターンを含め、さまざまな手法や知識を使って、出来る限り勝率を上げる必要があります。

FXは通貨の価格が上がるか下がるかという予想を当て、利益を得ることが目的です。しかし、今から一分後に価格が上がるっているのか、下がっているのかは、今の時点では誰にも分かりません。

価格が一分後にどう変化しているのかは、自分で予想する必要があります。当たるか外れるかの二択にはなりますが、FXは運で当てるゲームではありません。出来る限り、勝率の高い予想をする必要があります。

チャートパターンは、勝率の高い予想をする上で、欠かすことが出来ない要素の一つです。

勝率の高い予想をするには、「今後の値動きを予想するための情報」が多い方がいいです。なので、FXでトレードを行う前に、勝率の高い予想をするための情報を集める必要があります。

FXで稼ぐには情報を集め、勝率の高い情報かどうかを分析して、予想を当てることが必要です。FXにおいての情報とは、チャートの値動きの仕方、世界の経済のニュースなど、さまざまなものがあります。

また、情報の中には信憑性の高いもの、低いものなどが混ざっています。

FXで大金を稼いでいるプロは、さまざまな情報の中から勝率や信用性の高い情報を選び出すことができます。だからこそ、FXでお金を稼ぐことができているという訳です。

FXを始めたばかりのあなたが稼ぐためにしなければならないのは、情報を仕入れ、分析する事です。ただ、FXは関連する情報があまりにも多く、全てを入手する事は難しいです。そこで登場するのがチャートパターンという手法です。

チャートパターンの使い方は主に、FXのチャート画面を見て、パターンが出たらエントリーする(通貨を買い、もしくは売りを行う)だけです。とてもシンプルな仕組みなので、初心者の方にもオススメです。

つまりFX初心者が、FXを運で値動きを当てるゲームにしないための方法の一つです。運試しにしないための一つの方法として、チャートパターンを知っておく必要があるということです。

FX初心者が知っておきたい2つのチャートパターン

FXではチャートに特徴のあるパターンを見つけることが出来ます。チャートパターンはFX初心者にとって、買いか売りかを決める重要な指針になります。まずは必須とも言える、2つのチャートパターンを覚えていきましょう。

その2つのチャートパターンは次のものです。

  1. ダブルトップ・ダブルボトム
  2. ヘッド&ショルダー・ヘッド&ショルダーボトム

この2つのチャートパターンは、FXをする多くの人やプロのトレーダーも利用しているものです。チャートパターンが出たから、確実に予想が当たるということはありません。ですが、多くの人に長い間、愛用されているということは、それだけ信頼ができるということでもあります。

それではさっそく、どのようなパターンなのかを解説していきますね。

基本チャートパターン:1.分かりやすさNO.1のダブルトップ・ダブルボトム

チャートが次のような形になると、ダブルトップと呼びます。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップのあとは、価格が安くなる可能性が高いです。ダブルトップはアルファベットのMのような形ですが、逆の向きでWのようになるものがあります。それが、ダブルボトムと呼ばれるものです。

ダブルトップは価格の天井(通貨の価値が最も高い状態)で起こりやすいです。逆にダブルボトムは価格の底(通貨の価値が最も低い状態)で起こりやすくなっています。

また、この二つの大きな山のようなダブルトップのパターンが出る前は、価格が上り調子であることが多いです。そして、ダブルトップが出た後は、下り調子へと変わる傾向があります。

通貨の価格が上がり調子なことを「上昇トレンド」下がり調子なことを「下落トレンド」と呼びます。

ダブルボトム

ダブルボトムのあとは、価格が高くなる可能性が高いです。理由としては、価格が底付近(通貨の価値が最も低い状態)になっていて、多くの人が通貨の価格が上がる買いでエントリーするからです。

ダブルトップ、ダブルボトムは、どちらも見付けやすいパターンですので、注意してチャートを観察してみてください。

どちらのパターンにも共通して言えることですが、山の部分がきっちりと同じ高さや形になることは、ほぼありません。多少崩れた形で現れるので、見逃さないように注意しましょう。

基本チャートパターン:2.最高の信頼性を持つヘッド&ショルダー・逆ヘッド&ショルダー

チャートパターンの中でも、かなりの信憑性を持っているのがヘッド&ショルダーです。チャートに次の画像のようなパターンが出ると、ヘッド&ショルダーと呼びます。

チャートの形が真ん中に頭(ヘッド)、両サイドに肩(ショルダー)があるように見えることから、ヘッド&ショルダーと呼ばれています。そして、上下が反転した形を逆ヘッド&ショルダーと呼びます。

この記事中では、上向きのヘッド&ショルダーを用いて解説しますが、上下が逆さまな逆ヘッド&ショルダーも同じことが言えます。上向きの山だけがヘッド&ショルダーではないことを忘れないでください。

ヘッド&ショルダーは数多くのチャートパターンの中でも、最も利益を取りやすく、予想が当たる可能性が高いと言われています。

そして、ヘッド&ショルダーはトレンドの終わりを示しています。つまり、トレンドがない(通貨の価格が一定方向へ向かっていない状態)のときには現れません。価格が少し上がってはまた下がるようなときは、ヘッド&ショルダーを探す必要はありません。

それでは、トレンドが発生中にヘッド&ショルダーが見つかった場合、どのようにしたらいいのかを、これから解説していきます。

■ヘッド&ショルダーでエントリーするタイミング

ヘッド&ショルダーでは、どのタイミングでエントリーしたらいいのかが、ハッキリしています。

ヘッド&ショルダーを見付けたら、一番真ん中、頭の部分の価格が低い部分(青い点)を二点、一本の長い線でつなぎましょう。この線をネックラインと呼びます。画像のオレンジの線がネックラインです。

このネックラインを使って、エントリーするタイミングを見付けることができます。

ヘッド&ショルダーを見付けたら、図の赤い〇の位置まで待ちましょう。そして、丸の位置に価格が触れたらトレードを「売り」でエントリーしましょう。

ヘッド&ショルダーが出た前とは逆のトレンドが始まります。つまり、これから価格は下がっていくことになります。なので、売りをすることで利益を得られるというわけです。

■ヘッド&ショルダーで利益の確定を行うタイミング

ネックラインから頭の最上部までと、同じ幅下がったときが利益確定の目安になります。分かりやすく図で示しましたので、次の画像をご覧ください。

頭のてっぺんから、ネックラインまでの価格差と、同じ分だけ動いたところで利益確定を行いましょう。これがヘッド&ショルダーの利益確定ポイントになります。

ヘッド&ショルダーは、真ん中の山が高ければ高い程、大きく利益を取れる可能性があがります。実際のチャート上では綺麗な形ではなく、崩れたり、斜めに表れることが多いです。

崩れているものや、斜めのものを見付けるには、チャートをよく観察することが大切です。今のチャートだけでなく、過去のチャートで探すことも、ヘッド&ショルダーを見つけ出すいい練習になります。

大きく利益を取れ、勝率も高いヘッド&ショルダーですので、見落とさないように注意しましょう。

稼ぐために覚えておきたいチャートパターンができる理由

FXに参加している人達が、価格の上昇を信じて買ったり、下落を予想して売ることで、チャートパターンは作られていきます。

FXではさまざまな人が、色々な自分なりの根拠を基に、通貨を買ったり売ったりしています。多くの人は、トレードする前に、勝てる根拠を探しています。

根拠を探すというのは、ネックラインのようにチャート上に線を引いたり、チャートパターンを見付けようとしているということです。

FXで稼ぐためには、勝率の高い根拠が必要です。チャート上に線を引いたり、チャートパターンを見付けることは、勝率の高い根拠を探しているのです。

そして、その根拠を基にしてトレードを行い、当たった時は利益を確定して、外れた時は損をしたりしています。

この当たり前のように行われている、ひとつひとつのトレードが集まって、大きなチャートパターンが生まれていくという訳です。

FX参加者の多くが「価格が急落しそうだ」と不安に思えば、売りが促され、実際に価格が急落することもあります。

多くのFX参加者が今、通貨の価格に対して、何をどう思っているのかを直接聞く事はできません。

ですが、価格が下がったときに「なぜ下がったのか」という理由を想像することは出来ます。

最初はあてずっぽうな想像でも構いません。例えば次のように考える癖をつけましょう。

  • もし、安値で買えていたら、今利確するか
  • もし、高値で買ってしまっていたら、今損切りできるか
  • もし、安値で買いたいとしたら、いくらで買うか
  • もし、高値で売りで入りたいなら、いくらからスタートするか
  • 今、損や得をしている人はどんな気持ちや、思いを持っているか

自分ならどうするか、どう考えるかを、繰り返し理由を考えていくことで、想像の精度は上がっていくでしょう。ぜひ「なぜ価格が動いたのか」を想像する癖をつけておくのをオススメします。

まとめ

FXで勝つためには勝率の高い根拠が必要です。チャートパターンは一つの根拠として、今も有効に働いています。

見付けやすいダブルトップ・ダブルボトム、信頼性抜群のヘッド&ショルダーと逆ヘッド&ショルダーを解説してきました。

この記事でお伝えしたチャートパターンは、現れれば買い時と売り時が分かるもので、とても使い勝手がよいものです。

ただし、トレンドが発生中でないと、姿を現すことはありません。ですので、今がトレンド発生中なのかどうかを自分で判断できるようになることをオススメします。

そもそもトレンドとはなんなのか?今はトレンドが今発生しているのか?などについて「FXのトレンドは3種類!見分け方と買い時を徹底解説!」という記事にて解説しています。

ぜひ、チャートパターンを有効利用するためにも、参考にしてください。

FXで勝つためには知識や手法をしっかりと身につけることが必要です。そして、身につけた知識や手法が「今は勝てるから、エントリーしていいタイミングだ」と、GOサインを出すのを待つことが大切です。

ですが、なにもいきなり実際のトレードで現実のお金をやりとりする必要はありません。まずはデモトレードで練習と検証を繰り返しましょう。良い武器でも、使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

ぜひ、デモトレードで練習して、しっかりと稼げるFXトレーダーになっていきましょう。