こんにちは、FXBです。

FX初心者の方から次のような質問をよく受けます。

・FXって何をするんですか?
・どうやって利益を得ているんですか?

GoogleやYahoo!で検索してみても、専門用語だらけで「結局どうゆうこと?」という状態になってしまう方が多いみたいです。

この記事ではFXで利益が生まれる仕組みを、やさしくわかりやすく解説します。稼げる仕組みを理解することは、FXで稼ぎ続けるために最低限必要な知識です。

さっそくどうやって利益を得るかを見てみましょう。

おさらい|FXとは?

FXとは、通貨(=海外のお金)を売ったり買ったりすることです。なるべく安く買って、高く売れれば利益がでます。

『安く買って高く売る』なぜそんなことが出来るのかというと、お金の価値はいつも同じじゃないからです。不思議に聞こえるかもしれませんが、お金の価値は1秒ごとに変化してます。

もしあなたが何度か海外に旅行へ行ったことがあるすれば、次のような体験をしていませんか?

<例>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初は1ドルが100円で交換できた。でも次の旅行の時は1ドルの交換に110円必要だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考例のように、ある時100円で交換できた1ドルが、ある時は110円必要になる理由は、お金の価値が時間とともに変動しているからです。

このようにお金の価値が変動することを利用して、利益の獲得を目指すのがFXです。

<例|安く買って高く売る>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・安いときに買う=1ドルが100円で買えるときに3ドルを買う=手元には3ドル
・高いときに売る=1ドルが110円で売れるときに3ドル売る=手元には330円
ドルを安く買って高く売ったことで30円の利益が出た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とても単純ですが、これがFXの仕組みです。

お金の価格はいつも変動するので、いつも1ドル100円で買えるわけではありません。1ドル80円になることもあれば、1ドル120円になることもあります。

初めは難しく感じるかもしれませんが、徐々に慣れていけば大丈夫です。なので焦らず少しずつ知識を身につけていってくださいね。

■FXとは?|チェックポイント

・FXは通貨(=海外のお金)を売買すること
・通貨(=海外のお金)を安く買って高く売れば利益がでる
・通貨(=海外のお金)いつも同じ値段では買えない

お金の価値が上がる・下がると言われても、イマイチよく分からないという方はたくさんいます。もしあなたも「よく分からない」と感じた場合は、次の目次2「FXは通貨の売り買いで利益を得る」をチェックしてみてください。

次の目次2からは、ダイヤモンドを使った例題で「FXでお金を稼ぐための仕組み」をお伝えします。

FXで利益を得る2つの仕組み

FXとは、通貨(=海外のお金)を売り買いすることです。一般的に馴染みのある通貨には、ドル・ユーロ、そして、日本円があります。

しかし通貨に馴染みがない初心者にとっては、「お金の価値が上がる下がる」という考え方は難しく感じてしまうと思います。少しでも理解してもらいやすいように、ここでは『ダイヤモンド』を例にとって解説していきますね。さっそくどのようにして利益を得るのか見ていきましょう。

利益を得る仕組み1:通貨を安く買って高く売る

はじめにあなたが10万円持っていると仮定します。FXでは、この10万円をどのようにして増やしているのか、ダイヤモンドの取引を例にして解説していきます。

<参考例|『安く買って高く売る』の仕組み>ーーーーーーー

あなたの資金:10万円

あなたはダイヤモンドブームが来て、世界中がダイヤモンド不足するいう情報を耳にしました。そこで、次のように考えます。

「ダイヤモンドが不足するってことは、ダイヤモンドの数がなくなるってこと。
・・
つまり、ダイヤモンドが手に入りづらくなる。
・・
もしそうなれば、ダイヤモンドの価値が高くなるかも!?」

ダイヤモンド不足が続けば、ダイヤモンドの価値が高くなると予想して、10万円分の「ダイヤモンド」を購入しました。

10万円→ダイヤモンド

あなたの資金:10万円 → ダイヤモンド

そして、ダイヤモンドを購入してから1ヶ月がたちました。この1ヶ月の間に、予想どおりダイヤモンドの値段か高くなり、10万円で買ったダイヤモンドは12万円で売れるようになりました。

つまり、10万円で買ったダイヤモンドが今なら12万円で売れるということです。なので、あなたは今持っているダイヤモンドを売ることにしました。

あなたの資金:ダイヤモンド → 12万円

あなたの資金:ダイヤモンド → 12万円

10万円の価値だったはずのダイヤモンドが、12万円で売ることができました。結果として「12万円ー最初から持っていた10万円」で2万円の利益を得たことになります。

利益:2万円(12万円ー最初から持っていた10万円)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?少しはイメージが湧いたでしょうか?

『ダイヤモンド』を『通貨(=外国のお金)』に置き換えたものがFXです。前述のダイヤモンドの例のように、通貨を購入した時の価値よりも、高くなった時に売れば、利益が発生します。

前述のダイヤモンドの例題のように、通貨を安いタイミングで買う。そして通貨の価値が上がったときに売る。そうすれば、利益を獲得することができます。

1ヶ月で1.2倍に価値が上昇


■チェックポイント

『通貨を安く買って高く売る』これがFXで利益を得ることができる仕組みの1つです。

利益を得る仕組み2:通貨を高く売って安く買う

FXではお金の価値が下がった時でも利益を得ることができます。それがどのような仕組みなのかを次に解説していきます。

「利益を得る仕組み1」では最初に10万円持っていましたが、次にお伝えする例題では所持金〇円からのスタートです。

<参考例|『高く売って安く買う』の仕組み>ーーーーーー

あなたの資金:0円

世界的にダイヤモンドブームが起きていました。しかし「このブームもあと少しで終わり、ダイヤモンドの価値が下がる」とあなたは考えています。

あらゆる情報やデータをもとに「絶対に価値が下がる!」確信したあなたは、A社から「ダイヤモンド」を借りることにしました。その時の契約内容は『〇月〇日までにダイヤモンドを返却する』というものです。

あなたの資金:0円 → ダイヤモンド

あなたの資金:0円 → ダイヤモンド

あなたは借りたダイヤモンドをすぐにB社に10万円で売ります。

※ここが『高く売って安く買う』の中の『高く売って』の部分です。

あなたの資金:ダイヤモンド → 10万円

あなたの資金:ダイヤモンド→10万円

あなたの予想どおり、ダイヤモンドの価値は下がり、以前なら10万円の価値があったダイヤモンドが、半分の5万円の価値になりました。

『価値10万円だったダイヤモンドが、価値5万円になった』

このタイミングで、あなたはB社に10万円で売ったダイヤモンドを5万円で買い戻します。

※ここが『高く売って安く買う』の中の『安く買う』の部分です。

あなたの資金:10万円→5万円とダイヤモンド

あなたの資金:10万円→5万円とダイヤモンド

最後は契約どおりに、ダイヤモンドをA社に返却します。手元に残った5万円があなたの利益です。

あなたの資金:5万円とダイヤモンド→5万円

  • あなたの資金:5万円とダイヤモンド→5万円
  • 利益:5万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今お伝えした例題は、FXでは「売り(空売り)」と呼ばれる手法です。手元に資金がなくても「売り」でトレードすれば利益を作ることができます。

持ってもいないお金を「売る」と言われても混乱するかもしれませんね。イメージとしては、FX会社(FX口座を開設した会社)からお金を借りてトレードすることになります。

<参考例:「売り」の流れ>

FX会社に1万ドルを借りる
・・
1ドル130円の時に、借りた1万ドルを売る(=130万円が手元に残る)
・・
1ドル100円になったタイミングで、1万ドルを買い戻す
・・
1ドル100円なら1万ドルの買い戻しに必要な資金は100万円(=手元に30万円と1万ドル)
・・
最初にFX会社から借りた1万ドルを返却する
・・
手元に残った30万円が利益になる

■チェックポイント

・資金が0円でも、FX会社から借りてからトレードできる(=「売り・空売り」という)
・「売り」のトレードが気軽にできることがFXの大きな魅力

利益を得る2つの仕組みまとめ

FXで利益を得る仕組みは2つあります。

1:通貨を安く買って高く売る
2:通貨を高く売って安く買う

■利益を得る仕組み1:通貨を安く買って高く売る

手元のお金を使って通貨(=海外のお金)を買います。そして、買った通貨の価値が上がったタイミングで売る。「買い」と呼ばれ、通貨の価値が上がると予想したときに行う手法です。

■利益を得る仕組み2:通貨を高く売って安く買う

手持ちの資金が0円でもトレードできる手法。トレードしたい通貨をFX会社から借りる。そして、借りた通貨を売ります。

借りた通貨の価値が、売ったタイミングよりも落ちたら、再び通貨を買い戻します。そして、買い戻した通貨はFX会社へ通貨を返す。

「売り」と呼ばれ、通貨の価値が下がると予想したときに行う手法です。

文字で読むと少し難しかったかもしれませんが、図で見てみればとても分かりやすいです。下の図は2つの仕組みで利益を得る方法を、画像にしたものです。

FX売買のイメージ図

<画像の解説>

上の画像は、買いと売り(仕組み1と2)をイメージ図にしたものです。

最初にオレンジの矢印を見てください。オレンジの矢印が左下から右上方向に向かっているのがわかると思います。これが通貨の価値が上がっている状態です。

「仕組み1」をイメージ図で示したものになります。

次に青色の矢印に注目してください。左上から右下方向に向かっていますよね。これは通貨の価値が下がっている状態です。

「仕組み2」をイメージ図で示したものになります。

FXトレードでは、上記イメージ画像のように、実際に通貨の価値の変動をリアルタイムで確認することができます。例えば次のようなことが確認できます。

・今、この瞬間に通貨の価値がいくらなのか?
・通貨の価値はこの先上がりそうなのか?
・それとも価値が下がりそうなのか?

このように「通貨の価値がどう変化したのか?していくのか?」を確認できるものを「チャート」といいます。チャートについては、別の記事で詳しくお伝えしていきますね。

 

最後に

FXで利益が得られる2つの仕組みについてお伝えしてきました。

『FXは外国のお金(=通貨)の価値が変化することを利用して利益を得る』ということが、少しはイメージしてもらたかと思います。

  • 1:通貨を安く買って高く売る

  • 2:通貨を高く売って安く買う

基本的には上記2つのうち、どちらかの方法で利益を獲得します。

通貨を買う・売ると言われると難しく感じるかもしれません。でも、もし今はよくわからなくても安心してください。FXについて学んだり、実践してく中で「あっ、そうゆうことか!」と分かるようになっていきます。

いきなり理解しようとするのではなく、何度もFXにふれる中で知識を身につけていくことを意識してください。なので最初は『FXは外国のお金(=通貨)の価値が変化することを利用して利益を得るトレード』ということを、しっかり覚えておいてください。

1つだけ勘違いしないでください。

FXは外国のお金(=通貨)の価値が上がるか・下がるかを勘で当てるわけではありません。勘で当てようとするのは、ただのギャンブルです。そして、勘に頼る人は必ず負けます。つまり、利益を得ることができません。

勘に頼っている人は、一生FXで勝つこと(=稼ぐこと)ができないです。FXで勝ち続けるためには、きちんとFXに関する知識・スキルを身に着ける必要があります。

私が30年以上にわたってトレードで勝ち続けている理由も、トレードで稼ぎ続けるための正しい知識・スキルをしっかり身につけているからです。何も特別なスキル・テクニックは使っていません。

もしあなたがFXで10年・20年先も勝ち続けていきたいならば、トレードの正しい知識・スキルをしっかり身につけることを強く意識してください。当ブログでも、FXで勝ち続けるた秘訣を無料公開しているので、ぜひチェックしてみてください。