投資の中でも簡単に始められる今話題のFX。

FXを始めたいと思っている人の中で、今すぐ専業トレーダーになりたいという人はあまりいないと思います。

ほとんどんの方は「仕事が終わって帰宅してから」や「家事の合間に」など、手が空いた時に、ちょっとお小遣い稼ぎの為にやってみようかなと思い、始めようとする人がほとんどではないでしょうか?

そういう方は、時間も限られているので、FXについて勉強する時間も当然限られてしまいますよね。

そして、世の中にはFXに関する本がたくさん出回っているので、初心者の方はどの本を読めばいいか迷ってしまいませんか?

そこで今回は、時間がない人必見!!

初心者でもわかりやすく、丁寧に解説されている本を3冊ご紹介します。

まずはここで紹介する3冊だけ読んでみてください。

そうすれば、短期間でFXの基礎知識が習得できます。

FX初心者が疑問に思うFXの魅力とは?

投資の中でも敷居が低いと言われるFX。

FXは少ない資金から始められ、平日なら24時間取引できることが理由に挙げられます。

株式投資だと基本的に100株単位からの購入となり、1株100円だとしても1万円は必要になります。

それに比べ、FX会社によっては最低資金約4円から取引可能ですので、これならあなたにも始められると思いませんか?

しかし、FXで稼げるようになるためには勉強が必要です。

たった4円からスタートできるからといって、勉強もせずに始めても稼ぐことはできません。運任せのトレードになってしまい、損をする可能性が非常に高くなります。

これでは投資ではなく、ギャンブルと一緒です。

このように運任せのトレードをしていれば、いくら少ない資金から始められるとは言え、どれだけお金があっても足りません。

逆に言えば勉強して、ある程度知識を身につければ、トレードする根拠をもてるため、勝てる確率が上がるということです。

なぜFX初心者は本でFXを勉強した方がいいのか?

現代では、インターネットも充実し便利な世の中となりました。

インターネットを開けば、FXに関する欲しい情報がすぐに手に入りますが、情報が偏っていたり抜けていたりすることもあります。

一つのサイトではFXの情報が不十分で、いろんなサイトを見る必要が出てくるために、ネットサーフィン状態に陥り、時間の無駄になってしまいます。

例えば、

  • サイトによって言っていることが違う
  • どの情報が正しいのか判断できない
  • 知らない専門用語が出てくるたびに違うサイトで調べる必要がある
  • ついついFX以外のサイトにいってしまう
  • 集中力に欠ける

それに比べて、本は1冊読めばFXに関する一通りのことがしっかりと書かれているため、理解が深まります。

また実際に稼いでいる人の情報が掲載されているので、インターネットの情報よりも信頼性が高いと言えます。

あなたも本を片手に、FXを始めてみてはいかがですか。

FX初心者にオススメの本3冊

❶一週間で身につくトコトンやさしいはじめてのFX

一週間で身につくトコトンやさしいはじめてのFX

画像出典元:Amazon

 

この本を読めば、題名に書いてあるとおり、超初心者でも1週間で口座開設から実際にトレードまで出来るようになります。

また、文章だけでなく、図解も一緒に載っているのでとてもわかりやすいです。

そして、7日間を1日ごと段階的にサポートしてくれているので、初心者でも悩むことなくFXを始めることが可能になります。

具体的には

  • 1日目 FXの超基礎知識
  • 2日目 口座開設
  • 3日目 負けない投資スタイル
  • 4日目 ファンダメンタルズ分析の基本
  • 5日目 テクニカル分析の基本
  • 6日目 為替売買に挑戦
  • 7日目 負けない投資方法

という構成になっています。

実際に読んでみると、ページ数も全体で152ページ程しかないので、これを7日で読むとすれば1日20ページちょっと読めばいいのです。

もし1日休みがあれば、全部読み終えてしまうほど、とてもスッキリしていて読みやすいですよ。

そして、この本は幅広い知識を身につけることができるので、FX全体の流れを習得することができます。

こんな悩みがあれば、この本がオススメ!

 

  • そもそもFXって何?
  • 勉強する時間をあまり確保できないけど大丈夫?
  • 短期間でFXの基礎知識を身につけられるの?

この本は、基礎知識を重点的に解説しているので、初心者がFXを始める前に読んでおくとスムーズに始められます。

ページ数が少なめに構成されていますが、FX取引において重要な部分はしっかり掲載されているので、時間の確保が難しい人にとっても、安心して始められます。

❷マンガでまるっとわかる!FXの教科書」

マンガでまるっとわかる! FXの教科書 カラー版

画像出典元:Amazon

この本は、FXの基礎から実践までマンガと図解で構成されており、初心者でも分かりやすい内容となっています。

本で勉強するとき、字ばかりだと理解しにくくて読むのが嫌になってしまうことはありませんか?

そういう人には、この本がオススメです。

マンガで構成されているのでストーリー性があり、楽しみながら知識を習得することができます。

そして、初心者がFXを始めようとした際に、これだけのことを理解しておく必要があります。

  • 一番最初に悩む会社選びの情報
  • 自分が取引する通貨のアルファベット3文字で表記される通貨コード
  • FXで稼ぐために欠かせないテクニカル分析について
  • FXで稼いだ後に必要になる「損益の確定申告の方法」

こうした内容を図解で詳しく説明されています。

例えば、テクニカル分析はFXトレードで稼ぐために欠かせないチャート分析方法です。
このチャート分析方法を知らないと、どこでエントリー(新規注文)をしていいのかわからず、運任せのトレードになってしまいます。

運任せのトレードは、あなたの大事な資金を減らしてしまうことに繋がります。

あと、この本には初心者が陥りやすい失敗談の対応方法も載っているので、今からFXを始めようと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

この1冊を読めば、初心者でも安心してFXが始められますよ。

こんな悩みがあれば、この本がオススメ!

  • 初心者にオススメのFX会社は?
  • 人気の通貨ペアは?
  • 初心者にあった取引スタイルは?
  • 売買のタイミングは?
  • 確定申告の方法は?

初心者の人がFXについてある程度勉強し、口座を開設して、いざ取引を始めようと思っても、初めての取引には何かと不安が付きものです。

もし取引するときに不安が出てきたら、この本を読んでみてください。

マンガと図解で構成されているので、イメージがわきすくなっています。

 

❸いちばんカンタン!FXの超入門書

いちばんカンタン! FXの超入門書

画像出典元:Amazon

 

この本は、FX取引を始めた際につまずきやすい、口座開設後の入金の仕方や、ロスカット率の設定方法、取引画面の見方が図解で詳しく載っています。

注文方法も一つ一つ細かいところまで説明していますので、初心者でも安心して取引を始められるでしょう。

さらに、ページ内の用語の解説やその分野の注意点が並行して書かれているので、スムーズに理解しながら読むことができます。

そしてFXを始めてから、初心者が最も悩みやすいチャート分析の基本であるローソク足の形や、そのローソク足の形からチャートがどのように動くのかを、一つ一つ細かく丁寧に解説してあるので、初心者がトレードする際の参考に必ずなるはずです。

こんな悩みがあれば、この本がオススメ!

  • FXの魅力とは?
  • 仕事の休憩中でも安心して取引できる方法は?
  • ローソク足の読み方は?
  • チャートはどういうときに上昇・下降するの?
  • 初心者がFXを始める際に気を付けるべきことは?

この本は、FXの基礎知識もきちんと載っていますが、実践的な内容を重点的に解説されているので、少しトレード経験があると内容が理解しやすいと思います。

もちろん初心者でも理解できる内容ですし、安心して取引できるだけの知識を得ることができます。

 

FX初心者こそ、本からはじめよう!

今回は、超初心者向けの本を厳選した3冊をご紹介しました。

どの本を読んでも、FXの全体の流れやトレードに必要な基礎知識は習得できます。

そして、どれも読みやすく、初心者でも理解しやすい内容になっています。

3冊とも分厚い本ではないので短期間で読み終えることができるでしょう。

今、FXを始めたいと思っている人は、1度本を読み、実践してみて分からないところは再度本で確認するということから始めると、知識が自然と身に付きます。

ぜひ本を読んで知識を習得し、その知識をもとにデモトレードで練習することで理解を深めていってください。